正社員を目指して就職活動しているフリーターが『今すぐやるべきこと』

 

どうも、アラサーフリーターのおっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

サラリーマン

あの、、色々思うようにいかなくて将来が心配なんですが、、僕はどうしたらいいのでしょうか?

おっちょ
おっちょ

大丈夫です!現状を把握することでやるべきことがはっきり見えてきます!

現在、千葉県で一人暮らしをしながらフリーター(パート)として生活している筆者(28歳:男)ですが、そんな生活ももうすぐで1年が経過しようとしています。

そんな思わず聞き返してしまうような生活をしている僕も、実は22歳には大卒として一部上場企業に入社し、そこで5年間は正社員として働いていました。

 

さて、この記事をご覧になっているということは、

あなたは恐らく今「フリーター」で、今後「正社員」になるために就職活動をしている

といったところでしょうか?

もしかしたらそうではない方もいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも、今の自分の状況を不安に思っているという部分では間違いないかと思います。

 

でも安心してください。

この記事を最後まで見たら、きっとその不安が消えるはずです。

あくまで一個人の意見で「これが正解だ」「こうすべきだ」というわけではありませんが、僕自身としては、今のこの時代を考えるとこれが賢い生き方なのかな、とマジで真剣に思って実行しています。

 

おっちょ
おっちょ

それでは以下で具体的に話していきますね!

 

この記事でわかること
  • 不安な今の現状を打破する方法
  • フリーター、就職希望者、転職希望者が今すぐすべきこと

 

スポンサーリンク

大結論「複数の収入源を持とう」

まず初めにお聞きします。

あなたが不安に感じている原因の根本は何でしょうか?

 

 

多分「お金」だと思います。

使っても使い切れないほどの有り余るお金があれば、「就職しないと。。。」とか「転職しようかな。。」とか「いつまでもフリーターのままではマズいな。。。」とかっていう不安は生まれないはずです。

これらの不安の種は全て「お金」です。

 

では結論から言います。

本記事のタイトルとなっている「正社員を目指して就職活動しているフリーターが今すぐすべきこと」の答えは、

  • 求人サイトへの登録 ではなく
  • 良い条件の仕事を探す でもなく
  • 就職面接の練習 でもなく

 

「複数の収入源を持とう」

です。

「何だよそれ!」「期待した内容と違う!」という声が聞こえますが、まぁ最後まで見てみてください。

ではその理由について、今の社会の状況を説明しつつ順番にお話していきます。

 

考えるサラリーマン

複数の収入源。。。??

 

スポンサーリンク

「大企業=安泰」はもうオワコン

終身雇用の崩壊

まずは、今のあなたの価値観がもしかしたら間違っているかもしれないというお話からします。

これは去年の夏頃に流れて少し話題になったニュースですが、あなたは見ましたでしょうか?

「終身雇用を守れない」発言の経団連への提言
経団連の中西宏明会長が、新卒学生の通年採用を拡大することで大学側と合意する一方、「企業は従業員を一生雇い続ける保証書を持っているわけではない」と発言して(4月22日)大きな話題となっている。終身雇用を前提とした採用は難しい、あるいは雇用を守

 

要約すると、

  • バブルが弾け、デフレに突入した
  • 企業が存続し続けるためには、解雇や賃金カットによってコストを削減するしかない
  • これまで守ってきた終身雇用はもう保証できない

こんな感じです。

 

にわかには信じがたい内容ですが、この状況を認めざるを得ない事態が次々と起こってきています。

みずほ証券が早期退職募集 来年1月、50歳以上対象 | 共同通信
みずほフィナンシャルグループ(FG)傘下のみずほ証券が2020年1月、50歳以上の一般社員を対象に早...
朝日新聞、45歳以上の「早期退職」募集…退職金の「驚きの金額」(松岡 久蔵) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。
キリンが早期退職を実施、過去最高益なのにリストラ着手の裏事情【スクープ】
キリンホールディングスが、45歳以上の社員を対象に早期退職を実施することがダイヤモンド編集部の調べでわかった。2018年度決算で過去最高益をたたき出したにもかかわらず、人員整理に手をつける理由とは。近年、日本企業で増加している「先行実施」型の早期退職の実態に迫る。

 

挙げればキリがないのでこの辺でやめておきますが、平成の終わりから令和にかけて、こういった名だたる大企業で次々とリストラが起こっています。

 

「大企業に入れば一生安泰だ」

「大手なら間違いない」

 

こんな風な価値観・考えを持っていませんでしょうか?

しかし思い返してみてください。

このような言葉、あなたの親や教師から言われませんでしたか?

考えるサラリーマン

言われてみれば。。。

おっちょ
おっちょ

実際、僕も親から「公務員になっておけば大丈夫だ」と言われました

きっとあなたも同じような経験があるはずです。

僕たち(20代〜30代)の親世代が口を揃えてそう言うのもそのはずで、僕たちの親世代は実際に大企業に入れば一生安泰な生活を送ることが可能な時代でした。

しかし、上に挙げたニュースからも分かる通り、こういう時代は終わりました。

中小零細はもちろんのこと、大企業でも一寸先は闇というような状況です。

 

つまり、今僕たちが持っている大企業一生安泰説は、すでに終わった時代の価値観というわけです。




会社に頼るな

「終身雇用はもう守れない」ということは、「解雇しても文句言わないでね、だって仕方ないんだから。」という風に捉えることができ、これはもうリストラを肯定していると言えます。

今までであれば、普通にしていれば解雇なんてまず有り得なかったでしょう。

信じたくないかもしれませんが、それがすでに有り得る事態になってきています。

それを裏付ける一つのものとして、「副業解禁」の流れです。

考えるサラリーマン

最近よく聞きますね

おっちょ
おっちょ

政府も「働き方改革」を推進し始めましたね

昔は「本業に差し支えが出るから禁止」していたところが多かったですが、今ではどうでしょうか?

大企業でも次々と副業を解禁するところが出てきています。

これが何を意味するか。

それは、

「会社として生涯的な雇用は保証できないから自分で稼げる力を身につけてね」ということですよね。

今までは会社がおんぶに抱っこで面倒見てくれていましたが、これまで通り会社に頼りっぱなしでは、ある時急に会社に見切られ収入が突然途絶える。なんてことも考えられます。

つまり、これから先は「会社に頼る」ということはかなりリスキーな時代になってくると予想できます。

 

スポンサーリンク

令和は「個」の時代

今までとは違った働き方が増えている

今では情報化が進み、そして一人一台スマホやパソコンを持つ時代です。

これにより情報へのアクセスが容易になりました。

つまり、誰でも情報を発信したり受信できるようになったということです。

今流行りの「YouTuber」は、ほんの数年前まではただの「趣味」として動画を投稿している人としてしか認識されず、それを職業とするなんて考えられませんでした。

しかし今では「YouTuber」を職業として生計を立てている人が大勢います。

「YouTuber」は、この情報化社会の発展によって生まれた職業と言えるでしょう。

他にも、企業の商品やサービスのPRを手伝いスポンサー契約や広告料といった報酬を得ているインスタグラマーや、プログラマーとして外注を受けているようなフリーランス(フリーランサー)が多く生まれてきています。

考えるサラリーマン

確かに個人で活躍している人が増えてきている。。!!

おっちょ
おっちょ

テレビタレントも続々とYouTubeを活用し始めていますよね




「個人で稼ぐ」という発想を

会社に頼りっぱなしは良くないというお話をしましたが、ではどうすればいいかと言うと、

「個人で稼ぐ」という発想を持つことです。

「個人で稼ぐ」とは、会社で働いて給料を稼ぐということではなく、「個人が持つスキルによってその対価を得る」ということです。

上に例で挙げた「YouTuber」や「インスタグラマー」や「フリーランス」は、全て個人のスキルでお金を得ています。

「YouTuber」であれば、動画編集技術企画力
「インスタグラマー」であれば、写真加工テクニック影響力
「フリーランス」であれば、専門分野知識営業力

 

そしてここからが大事な話なのですが、

このような方々は今の社会の危険を察知し、社会の流れを読み、将来は「個人の力で稼ぐ」ことが求められる時代になると予想して行動してきた人たちです。

そういう方の今の活躍ぶりを見れば、その行動がいかに正解だったかがわかります。

おっちょ
おっちょ

成功者は皆いつの時代も常識に捉われない「先駆者」だということに気づきませんか?

 

以下は余談ですが、

会社員(正社員)として組織に属して得ている給料というのは、あなたが一生懸命働いて生み出した価値を丸々もらっているわけではなく、会社としての利益を残しつつそこから各種経費を引いて残ったものがあなたの手に渡ります。

つまり、あなたが生み出した価値の何割かは会社の利益に持っていかれるわけです。

こう言うと「会社は悪いやつだ!」と思われるかもしれませんが、会社も倒産を逃れ利潤を追求するのが目的なので仕方ありません。

しかし、「個人で稼いでいる」人は、会社員でも正社員でもなく組織に属していないので、自分が生み出した価値を丸々自分が貰えるのです。

だから「個人で稼いでいる」人は収入が高いのです。

考えるサラリーマン

確かにいっぱい稼いでいるイメージ。。。

なので、「個人で稼ぐ」という発想を持ち、そして収入を得られるようになれば、お金に余裕ができるのでお金への不安や悩みは無くなるというわけです。

 

スポンサーリンク

正社員の肩書きに縛られない生き方

正社員であることのメリットが無くなった?

転職や職探しって、当たり前かと思いますが正社員としての募集を見つけて仕事を探していますよね?

でも正社員のメリットって何でしょう。

  • ボーナスがある
  • 昇給・昇格がある
  • 正規雇用なので安定している

 

というところですかね。

しかし、上で話したように終身雇用が崩壊の危機となっている今の状況では、「このメリットも確実に享受できるわけではない」という風に思いませんか?




フリーターのままで良いのでは?

このことに気づいた僕は、大学を卒業して新卒として2014年に入社して5年間働いた会社を、2019年3月に辞めました。

そして現在は、パートタイマーとして給料を得ながら、現在進行形で様々な副業に手を出しつつ生活しています。

フリーターという世間的にはあまり良くない評価で不安定なステータスとして見られているかもしれませんが、全く不安はありません。

なぜなら副業を始めたことでお金の悩みが無くなったからです。

ちなみに現在僕は、このブログの運営や、株式投資・FXなどによって経済的な自由を目指すべく取り組んでいます。

 

正社員採用を目指して就職活動をしているフリーターの方であれば、どこかでバイトしながら副収入を得るための行動をメインにした方がこの先のことを考えると賢い選択なのかなと思います。

今の会社がブラックな環境でもっと良い条件の会社を探して転職活動をしている方であれば、フリーターになれとは言わないまでも、そこまで正社員にこだわらなくて良いのではと思いますし、転職活動に時間を割くのではなく副収入を得るための行動に力を注いだ方が賢明かなと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ:副業で複数の収入源を持とう

 

この記事のまとめ
  • 求人サイトへの登録ではなく、今の社会の現状と流れを把握しよう
  • 良い条件の仕事を探すではなく、個人で稼げる分野(仕事)を探そう
  • 就職面接の練習ではなく、個人で稼ぐスキルを身につけよう

 

ここまで話してきたことは、すべて僕の個人的な考え方です。

なので一般論ではありませんし、受け入れがたく抵抗があるかもしれません。

しかし冒頭でも書いた通り、僕は大真面目に考えています。

とはいえ、終身雇用が終わりこれからは「個の時代」になってくることはほぼ確実です。

 

時代は常に変化(進化)していくものです。

 

「現状維持はない、あるのは進化と退化だ」

という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

これはまさに、常に進化を求めて流れている時代に当てはまる言葉です。

現状維持でその場にとどまっていれば、進化に向かって流れる時代に置いていかれます。

移り変わって行く時代に合わせて自分自身が進化していくには、上で話してきたような新しい考え方が必要なのかなと思います。

やる気サラリーマン

なるほど、、なんかやる気が湧いてきました!!!

おっちょ
おっちょ

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

お金のこと
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント

  1. 社会不適合者 より:

    お久しぶりです。

    コロナ感染症の影響で、月の大部分が休みになりました。
    その結果、来月給料(今月稼働分)は手取り7万になりそうな勢いです(非正規フルタイム契約者)。休業補償分含めの金額。
    幸いなことに複数の収入源がある為(7年前から少しづつ取り組んでいる)、
    生活はなんとかなりそうです。

    まぁ、単体ではまだ食っていけないのですがね。
    独立の道は険しい。

    今日、社員の話を聞いたところ、月給も下がり、今期賞与は全額カットされることが決まったそうです。
    会社がコロナの影響をモロに受けているので当然ではありますが。

    以前は、フリーターで複数収入源確保の為の行動をしつつ正社員を目指していましたが、
    正社員になることで残業が多くなったり、転勤が発生したり、研修があったりとした場合、
    あんまり美味しくないなぁと思うようになりました。
    下手したら逆に収入減る可能性がありますからね。
    後の期待値では個人の可能性には勝てんよな。

    なので、転職活動する労力を副業に向けたほうがいいと自分も思います。
    転職はガチャ。上司もガチャ。
    ムリゲーすぎる。

    求人探す時間、企業分析の時間、面接時にかかる時間。
    採用されたからと言って必ず入社しないといけないわけじゃない。
    面接で思っていたことと違う。求人と違うなんてザラ。
    自分も疲れたよ。

    為替のほうは、チャイナショック・スイスフランショック・フラッシュクラッシュ・コロナショックを経ても、資金を失わず資金を増やして行けてます。金額は多くないですが。
    資金管理だけはちゃんとして退場だけは避けねば!
    ネットビジネス+トレードの二刀流で行きたい

    記事は毎日見てます。
    家計簿記事好きです。
    納得のいく新居みつかるといいですね!
    通勤片道1時間はキツすぎるww

    • おっちょおっちょ より:

      お久しぶりです!

      コメントありがとうございます!

      コロナ感染、本当に大変なことになってきましたね。。。
      社会不適合者さんはなんとかやっていけそうとのことで良かったです。。!

      確かに、定年まで安定して働き続けられる社会、そして老後のことも心配しなくて良い社会がこの先も続くことが想定できるなら正社員も良いのかなと思いますが、
      ここ最近で急速に流れが変わってきていることを感じたので今回記事で書いたような考えに至ったんですよね。
      本当に転職・上司はガチャですよね。
      当たればまだ良いですが、外れたらもう最悪です。
      そんな運試しで人生終わらせたくないし、どうせ頑張るなら自分の力を信じて自分の道を切り開いていくほうが、あとあと自分で納得できる生き方ができたと思えるはず。

      どの道を選んでもリスクはつきものですが、将来得られるリターンのことを考えて行動していきたいです!

      いつもブログ閲覧ありがとうございます!
      新居探し、空き物件がかなり減ってきて厳しい状況ですが引き続き頑張ります!(笑)

  2. 火打ち石 より:

    社会の現状と流れを把握し、個のスキルを磨くべきだと強く思えました。ありがとうございます。

    • おっちょおっちょ より:

      火打ち石 様

      コメントありがとうございます!
      僕はまだまだですが、一人で食っていけるくらいにまではなってやろうと思って引き続き頑張ります!