注目はユーロと豪ドル

現在のポジション
なし
8月の累計損益
−24,469円

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

ドル円は短期では安値切り上げの形になっています。

(ドル円1時間足)

週明けの見通しは変わらず、106.10を上抜ければ一段上昇すると見ていますが、106.00付近は戻り売り勢がショートしてくるでしょう。

売りが続いて切り上げラインを下抜ければ先週安値まで下落しそうですね。

個人的には上方向で見ていますが、ロングポジションの割合が高くなって偏りが出始めてきているようなので、下への動きも想定しています。

上に行ってくれればシナリオを組みやすいのですが、どうなるでしょうか。

 




 

続いてユーロドル。

(ユーロドル1時間足)

先週の下落で1.1753まで下げ、そこから反発が昨日月曜にも引き継がれましたが、1.1850から強く売り返されています。

週足切り下げラインを上にブレイクしているので長期的には上方向の流れかと思いますが、コロナショックからの上昇でさすがに上がりすぎているので、一旦調整の形になると見ています。

戦略的には、先週安値1.1753を下に抜けたら1.17までショート、これを考えています。

安値1.16950を下に抜ければその下はほぼ障害がありませんので、ここでも上手くショートできればかなり獲れそうです。

ユーロドルはこんな感じで見ています。

 




 

そして豪ドル円。

(豪ドル円4時間足)

 

(豪ドル円1時間足)

先週安値から上がってきています。

切り上げラインを下に抜けたのに意外と底堅いということはまだ買い手がいるのか・・・

とはいえ目線は下です。

昨日も書いた通り、先週安値割れのポイントに売りをセットしています。

ユーロドルと同様に、こちらも下に抜ければ一気に落ちそうなので、その動きを期待します。

 

それでは今回はこの辺で👋

コメント