ドル円は1月陽線押し目買いVS戻り売り。そして今夜はFOMC

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

ドル円、昨日の予想通りフィボ61.8%で反発しました。

(ドル円4時間足)

さて、この後の見通しですが、

先週安値&窓埋めで戻り売りが入ってきそうなレベルに近づいてきました。

日足21SMAも迫ってきたので109.20から上は重いかもしれません。

とはいえ108.80からの反発でまだ上がってきている途中なので、この上昇と戻り売り圧力のどっちが勝つかといったところに注目でしょうか。

戦略としては、

  1. 先週安値109.20でレジスタンスされ下がってきたら戻り売り準備
  2. 先週安値をしっかり超えてきたら押し目買い準備

といった感じで構えています。

(ドル円1時間足)

 




そして本日は28時にFOMCがあります。

トランプ大統領はFRBに対し以前から執拗に利下げを要求していますが、CMEのFedWatchを見ると、1.50-1.75(現在の金利水準)が87.3%と出ているので今回のFOMCでは金利据え置きが濃厚でしょう。

市場にもすでに織り込まれていると見ていいかなと思います。

問題は、予想通り据え置きだった場合にドル円が上昇するかどうか。

上昇した場合、売り圧力が控えているであろう109.30付近のプライスアクションに注目ですかね。

 

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント