2020年4月第2週のドル円見通し

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

いよいよ緊急事態宣言が出されそうです。

早ければ明日7日というに発令されるとの見方があります。

まだ決まったわけではないですが、もし決まって発令されたとすれば日経平均は垂直落下でしょうかね?

二番底形成あるいは第2下降波発生のシナリオが見えてきました。

 

さて、それでは遅くなりましたが、今週のドル円の見通しを立てていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでの流れの確認です。

 

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

101円からの上昇波が111.70で抑えられたことで、112.20を高値とする陰線がハラミ足として確定しています。

そんな中での先週は、101円からの上昇陽線の押し目買いが107円で入り、そのポイントを底とするWボトム形成に向かう動きを見せたところで終えました。

先週末に想定した値動きゾーンを振り返ってみると、少しラインがずれましたが黄色中段ゾーンの下限でサポートされ再び黄色ゾーンの中に戻って推移するという展開になりました。

 

スポンサーリンク

週明けの方針

次に今週のドル円の見通しです。

 

(ドル円4時間足)

まず、ブル派とベア派それぞれの視点を以下の通りと推測します。

 

🐮ブル派107円を底としたWボトム形成からネックライン抜けで110円に向かうというシナリオのもと押し目買いを狙う。

押し目候補としては

  • 先週高値108.70付近
  • 107.80付近

とりあえずはこの辺を押し目として意識し、110円までの波を狙ったトレードが考えられる。

107.80で買いが入らず下抜けたとすると、先週安値106.91、そしてさらに下を掘る可能性が高くなるので、買い目線を保てるのは107.80までか。

 

🐻ベア派111.70からの下降波の戻り売りを狙う。

戻り売り候補としては

  • 109.60付近

はっきりとしたラインが引きずらいが、109.50前後あたりから戻り売りを狙えるか。

ただ、107円を底としたWボトムが完成しネックラインをしっかり超えてきたとすれば、買いの勢いがそれなりに強くなってくることが想定できるので、その辺をしっかり考慮に入れて逃げれる準備はしておく。




とまぁこんな感じでしょうか。

そして想定値動きは以下の通りです。

 

値動き想定ゾーン
  • 中段黄色ゾーンは、106.914〜108.720
  • 上段マゼンタゾーンは、108.720〜109.600
  • 下段緑色ゾーンは、105.200〜108.720





さて、週明けの方針です。

東京時間でさっそく先週高値108.72を越えて109円台をつけています。

値幅的にはまだ若干上抜けた程度ですが、1時間足では抜けが確定しているのでここからは買い目線でいきたいと思います。

 

エントリー候補・108.75買い

押し目買いするとしたらこの辺で買いたいところですが、現状の形として小さなWトップを作ってもう一段下に行く可能性も考えらます。

そうなったら108.40あたりまで下がりそうなので、タイミングが合えばこの動きを狙ってみるかもしれません。

とはいえ基本は上目線なので上手くいったとしても短期で逃げるつもりで。

 

それでは今回はこの辺で👋

コメント