ドル円は先週陰線の半値を戻す。ここからの動きに注目

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

 

ドル円は昨日穏やかに週明けをスタートさせ、そして小さなWボトムを形成してから先週陰線の半値を戻しています。

(ドル円4時間足)

日足21SMA・転換線・基準線もレジスタンスとして効いているようですね。

ここからの見通しとしては、

  1. 現在のレートから戻り売りが入って上値が抑えられ、先週安値あるいはその下を試しにいく
  2. 先週安値からの買いが強く、戻り売りを踏み上げて先週高値まで上昇する

です。

まぁこのどちらかにはなるのですが、どちらになるかは短期足で決まるので、とりあえず今日はこの押し目買いvs戻り売りの決着を見守る感じになるかと思います。

方向性としては下で考えているので、下への動きが期待される形になったらエントリーしたいのですが、、、

(ドル円1時間足)

水色水平線の下抜けあたりでのショートが良さそうなんですが、すぐ下にWボトムのネックライン(赤色水平線)があるので微妙ですね。

なのでドル円はもう少しいい形になるまで待とうと思います。

 




 

続いてユーロドルです。

(ユーロドル4時間足)

ユーロドルは、黄色チャネルの中にいる限りはトレードしません。

ただ、このチャネルは数週間に渡って意識されていることで抜けたら走りそうな感じなので、今週は要注目です。

 

そしてユーロ円。

(ユーロ円4時間足)

先週末の下落を全戻しする強い上昇を見せています。

先週高値を越えたタイミングでロングしてみてもいいかなと思いますが、122円前半はかなり分厚いレジスタンスになりそうなので、そこが気がかりです。

なのでここから上のロングは今のところナシですかね。

かといってショートするのも怖いので、分かりやすい形になるまで様子見します。

 




 

最後に豪ドルドルです。

(豪ドルドル4時間足)

コロナショックからの急上昇以降、その後もこれに見合った押し目がなく、安値を切り上げてきています。

そして先週から引き続き0.69〜0.70の間でレンジを形成中。

一回深い押しがきても良さそうなものですが。。。

0.70オーバーにはストップロスの買いが置かれ始めているはずなので、売るなら先週安値を割って下に行くことがはっきりしてからの方がいいかもですね。

 

 

と今のところはこんな感じで見ています。

今日注目するのは、ユーロドルと豪ドルドルです。

とりわけ豪ドルドルに関しては、いいポイントで上手くショートできたらかなり値幅取れそうな感じなので、注視していきます。

 

それでは今回はこの辺で👋

コメント