米CPIで保ち合い離れにつけるか

現在のポジション

なし

5月の累計損益

+228円

 

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

ドル円は値動きが乏しくなってきています。

(ドル円4時間足)

乏しいと言っても40pips前後は上下しているんですが、今までの怒涛の値動きと比べたら死んでいるようなものですね(笑)

というのも、インフレ懸念が高まっているアメリカのCPIが今夜21:30に発表されるのでマーケットはそれを待っている状態です。

引用元:Investing.com

市場予想は前年比+8.1%ということですが、この市場予想通りの結果になれば鈍化ということでインフレピークアウトと受け止められ、ドル円は膠着状態から下に行く可能性が高くなります。

下に行くと言っても、日米金利差は縮まっておらず長期的にはドル高の流れが続くと思うのでどこかで買われるんだとは思いますが、ここまで急な角度で上昇し続けてきたドル円は一旦調整に入るかもしれません。

個人的には125円までは行くかなと見ています。

まぁいずれにしろ、ノーポジで米CPIの結果を待ちたいと思います。

 

 

次にユーロドルです。

(ユーロドル4時間足)

ユーロドルも1.0500と1.0600の間でレンジ状態です。

ドル円と同じく様子見でいきます。

コメント