【画像解説】住信SBIネット銀行でドル転→SBI証券に入金する方法

 

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

このページでは、住信SBIネット銀行で円をドルに両替(いわゆるドル転)し、そのドルをSBI証券の口座に入金する方法を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行を利用してドル転する方法

STEP①.住信SBIネット銀行に日本円を入金する

住信SBIネット銀行でドル転するには、当然ですが元手となる日本円が必要になります。

なのでまず最初に、住信SBIネット銀行に日本円を入金しましょう。

その方法が2つありますので、それぞれ解説します。

SBI証券から出金して住信SBIネット銀行に入金する

まず一つ目の方法として、SBI証券の買付余力から住信SBIネット銀行に入金する方法です。

 

⬆︎出金をクリックします。

 

⬆︎振込先金融機関口座が住信SBIネット銀行でない場合は、振込先を住信SBIネット銀行に変更します。

あとは、任意の金額を入力し、住信SBIネット銀行に入金するだけです。

※この、SBI証券の買付余力から出金する方法では、住信SBIネット銀行への入金は即日反映とならないので注意が必要です。

 

SBIハイブリッド預金から代表口座円普通預金へ振替する

二つ目の方法として、SBIハイブリッド預金から住信SBIネット銀行の代表口座円普通預金に振替する方法です。

SBIハイブリッド預金とは、SBI証券と連携した円預金です。

 

SBIハイブリッド預金の申し込みをされている方は、SBI証券での買付余力がSBIハイブリッド預金と連携しているはずなので、このSBIハイブリッド預金を住信SBIネット銀行の代表口座円普通預金に振替しましょう。

 

⬆︎住信SBIネット銀行にログインし、「振替」をクリックします。

 

 

⬆︎出金口座は「SBIハイブリッド預金」を選択し、振替先口座は「代表口座 円預金」を選択してください。

そして、任意の振替金額を入力し、「最後に確認する」をクリックします。

その後、WEB取引パスワードの入力を求められますので、パスワードを入力し、「確定」をクリックしてください。

これで振替完了です。

 




 

STEP②.住信SBIネット銀行でドル転する

住信SBIネット銀行に日本円を入金できたら、いざドル転です。

 

⬆︎ホーム画面の「外貨普通預金」をクリックします。

 

⬆︎米ドル/円の「買付」をクリックします。

住信SBIネット銀行で初めてドル転する場合、「買付」をクリックしたあとに外貨預金に関する規定や書面の確認を求めるメッセージが表示されますので、PDFファイルを閲覧した上で同意欄にチェックを入れ、「次へ進む」をクリックしてください。
また、その後に資産状況や取引の目的なども聞かれますので、各項目を入力し「お申込み」をクリックしてください。

 

 

 

⬆︎出金口座は「代表口座 円普通」を選択し、入金口座は「代表口座 米ドル普通」を選択してください。

注文方法は、❶リアルタイム❷指値注文❸複合指値(IFD)❹複合指値(OCO)❺ウィークエンド※(週末時のみ表示)があります。

今のレートで買いたい場合はリアルタイムを選択し、決まった値段で買いたい場合は指値注文を選択してください。

買付金額は、「円」または「ドル」のどちらかを選択し金額を入力してください。(◯◯円分のドルを買いたいのであれば「円指定」、◯◯ドル買いたいのであれば「ドル指定」です。)

今回は例として、リアルタイム注文で50ドルを買い付けてみます。

最後に、「WEB取引パスワード」を入力して「確認する」をクリックします。

 

⬆︎為替レートは刻々と変動していますので、リアルタイム注文の場合は買付確定までの猶予時間が10秒しかありません。

この間に「確定」をクリックしてください。

この10秒の間に確定できなければ、また違うレートが提示されることになります。

 

⬆︎確定できれば、このように注文の詳細が表示されます。

 

⬆︎注文照会画面でもこのように確認することができます。

今回は、買付レート104.08円で50ドルを買い付けましたので、5,204円で50ドルをドル転できました。

 




 

STEP③.住信SBIネット銀行でドル転したドルをSBI証券に移す

住信SBIネット銀行でドル転できたら、今度はSBI証券にそのドルを映します。

 

⬆︎「入出金•振替」をクリックします。

 

⬆︎「外貨入出金」の項目の中の「外貨入金」をクリックします。

 

⬆︎金融機関名が「住信SBIネット銀行」になっているかを確認し、通貨を「米ドル」に選択し、振込金額を入力してください。

そして取引パスワードを入力し、最後に「振込指示確認」のボタンをクリックします。

 

⬆︎内容に間違いがなければ、「振込指示」をクリックしてください。

 

⬆︎住信SBIネット銀行の「即時決済サービス」のログイン画面が出てくるので、ユーザーネームとWEBログインパスワードを入力しログインしてください。

 

⬆︎このような確認画面が出てきますので、画面下部のチェックボックスを確認しチェックを入れ、「WEB取引パスワード」を入力し、「確定する」をクリックしてください。

 

⬆︎するとこのようなポップアップが出てきますので、「このウィンドウを閉じる」をクリックしてください。

 

⬆︎SBI証券の「外貨入出金 操作履歴」から、住信SBIネット銀行で買った米ドルを無事にSBI証券に入金できたことが確認できます。

以上でドル転が完了しました。

 

スポンサーリンク

気をつけたい点

直接SBI証券でドルに両替すると手数料が高くなる

ここまで、住信SBIネット銀行でドル転する手順をお話してきましたが、いちいち住信SBIネット銀行を経由するとかかなり面倒臭いですよね・・・

もっと手っ取り早くドル転する方法として、SBI証券で直接ドルを買うという方法があるっちゃあるのですが、これをやってしまうと手数料が多く取られてしまいます。

住信SBIネット銀行でドル転する工程をお見せしましたが、住信SBIネット銀行でドル転したタイミングと同じタイミングでSBI証券でドル転しようとするとどうなるのか、下をご覧ください。

 

⬆︎住信SBIネット銀行では1ドル104.08円でドル転できましたが、同じ時間にSBI証券でドル転しようとすると、住信SBIネット銀行よりも22銭高いレートが提示されていますので、その分多くお金がかかってしまうことになります。

この差は、手数料( + 実際の為替変動の差分) です。

今回、住信SBIネット銀行で50ドル分購入した際に必要になった日本円は5,204円でしたが、この時SBI証券で直接50ドル買っていたとしたら、5,215円かかっていたことになります。

たかだか数十円かもしれませんが、もっと多くのドルを両替したいとなればこの手数料は侮れません。

ドル転する際は、ぜひこの点を抑えておいてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

SBI証券で(外貨建てで)米国株を買うには、米ドルが必要になります。

今回はその米ドルの両替方法として、住信SBIネット銀行を利用してドル転する手順をお伝えしてきました。

ちょっと工程が多くて面倒臭いかもしれませんが、慣れればすぐにできますし、何より手数料が安く済みます。

「SBI証券で直接ドル転していた!」 という方がおられましたら、住信SBIネット銀行の利用をお勧めします!

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 PVアクセスランキング にほんブログ村

NISA資産運用
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント