【月間結果】2020年6月 +40pips[+1,060円]

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

年初に「今年こそは年間トータルプラスを目指す」と意気込んでFXに取り組んできてから折り返し地点です。

2017年の大損からその後もまたコツコツと資金を減らし一時30万円台にまでなりましたが、今年の3月に大きな波を捉えることに成功し、50万円目前というところにまで資金を回復させることができました。

その時のトレードがきっかけで自分のトレード手法が確立できそうな気がして4月5月と気張って取り組んできましたが、なかなか思うようにはいかず。

そしてそのもどかしさを感じながら臨んだ6月が終わりました。

結果はどうだったのでしょうか。

早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

6月のトレード成績

6月のトレード成績は以下の通りです。

 

6月のトレード成績まとめ
  • 損益:+1,060円(464,427円 ➡︎ 465,487円)
  • 月利:+0.22%
  • 勝率:44%(9戦4勝4敗1分)
  • 獲得pips:+40pips

 

6月は、ドル円を3回(2勝1敗)ユーロドルを3回(1勝2敗)ユーロ円を1回(1分)豪ドルドルを2回(1勝1敗)トレードし、トータルでの結果は+1,060円(+40pips)でした。

【トレード結果】6月3日 ドル円 +53pips[+5,378円]
先週中盤までに形成していたレンジ107.35〜107.90に注目。 レンジ上方ブレイクで106円台からの上昇波が継続する形になるのか、レンジ下方ブレイクで上昇波が終わり下値を掘る展開にな...
【トレード結果】6月3日 ドル円 +21pips[+2,170円]
先週中盤までに形成していたレンジ107.35〜107.90に注目していたが、ついにその上限をブレイク。 大陽線の中で飛び乗りロングを持った状態で買い増すためにチャートパターン形成を待つ。...
【トレード結果】6月3日 ユーロ円 −6pips[−570円]
114.4からの上昇波が継続中。 上値目処であった3月高値の121.40もブレイクし、次なるターゲットは1月高値の122.80付近。 そこまでの上昇を狙って買い場を探る。 ...
【トレード結果】6月5日 ユーロドル −45pips[−4,917円]
今週の連騰ぶりを見て、流れに乗ろうと次の上値目処までの上げ幅を買いで狙う。 エントリーからエグジットまでの詳細 高値更新したら次の上値目処である昨年6月高値1....
【トレード結果】6月16日 ドル円 −15pips[−4,500円]
先週の下落の強さから日足レベルの本流は下向きに変わったと判断。 プルバックからの戻り売りを狙う。 エントリーからエグジットまでの詳細 先週安値106.56...
【トレード結果】6/19 ユーロドル −15pips[−4,808円]
5月に底を形成し、目先の高値である3/28高値の1.115を上抜ける上昇波が発生。 昨年6月高値が意識され、そこを頂点に三尊天井を形成する雰囲気が漂う。 ネックラインを割ったところ...
【トレード結果】6/24 EURUSD +30pips[+6,452円]
3/23安値の1.06を底にして、3/10高値1.1495を目指し上昇。 その高値の手前で三尊が形成され、天井を打った感が漂う。 下向きの動きを狙ってパターン形成を...
【トレード結果】6/24 AUDUSD +33pips[+7,155円]
コロナショックの下落を全戻しし、さらに昨年末高値の0.7032まで上昇するかなり強い相場。 しかしその高値でヒゲが出て、調整波によって短期押し安値の0.688が割られる。...
【トレード結果】6/30 AUDUSD −16pips[−5,300円]
コロナショックを全戻ししさらに昨年末の高値まで到達。 そこでWトップを形成したので、この後調整に入ると予想。 ここまで一直線に上昇してきたので大きな調整が入ると見る。 フォー...

 

スポンサーリンク

6月の振り返り

6月は以下のルールのもとでトレードをしました。

 

6月のトレードルール
  • 短期足が勢いづいたタイミング(チャートパターンの完成)でエントリー狙う波は、抜けの初動一波
  • リスク(損切り15pips)に対して2倍程度のリワード(利益30pips)を見込めるポイントでエントリー
  • 基本的に決済は+30pips、損切りは−15pipsで自動で行う
  • 決済目安+30pipsに届く前に明確なレジサポ(短期長期関わらず)があれば、その手前で決済

 

6月は概ねルール通りにトレードできました。

獲得pipsも+40pipsとまだ満足できるものではありませんし、ぶっちゃけその時の相場次第という部分もあるかと思いますが、ある程度この手法が有効なものとして使えそうだなという感触をさらに強く得られました。

というわけで、今後も上記のルールをベースとし、そこから改善改良を施していく形でトレードルールを作り確立していこうと思います。

 

スポンサーリンク

7月の計画

さて、6月を振り返った上で7月は以下のルールでトレードにあたりたいと思います。

 

7月のトレードルール
  • 短期足が勢いづいたタイミング(フォーメーションのブレイク)でエントリー
  • 損切りは15pips前後、利確は30〜40pips前後
  • エントリーはリスクリワードで少なくとも1:2以上を見込めるポイント

 

7月もまたシンプルにこれだけでやってみます。

(ちょっと文言を変えましたが、中身は一緒です。)

このルールでのトレードを徹底し、月トータルで100pips前後を獲れれば御の字という感じで。

トレードする通貨ペアは、ドル円・ユーロドル・ユーロ円・豪ドルドル・豪ドル円の5ペアです。

謙虚に欲張らず、かといってビビらず、チャンスは積極的に狙います。

 

7月は爆益あれ。

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ

月間結果
スポンサーリンク
おっちょFXブログ

コメント