2020年7月第2週のドル円見通し

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

月末月初は家計簿やらNISAやらの結果記録のまとめ作業でやることいっぱいで毎月きりきり舞です。

更新を楽しみにしてくれている方々すみません。。。

あとはこの後ブログの運営報告と6月FXトレード結果まとめの記事を仕上げますので、もうしばらくお待ちください。

というわけでもう今週がスタートしてしまいましたが、今週のドル円の見通しを立てて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでのドル円の流れの確認です。

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

111円からの下降波が106円で反発し、4月頭の安値109.40を上に抜いたことで今度は上昇波が発生するかと思われましたが、3月末にできた山のネックラインが効きそこから急落。

4月頭安値を更新する起点となった安値を下に抜き、今度は5月安値にタッチするなどなかなか方向感の掴めない展開となっていました。

そして先週の動きとしては、109.80からの下降波の戻り売り vs 5月安値からの押し目買いという構図で揉み合う形で終えました。

先週末に想定した値動きゾーンを振り返ってみると、中段ゾーンを上にブレイクし上段ゾーン上限でレジスタンスされその後は上段ゾーン下限付近でウロウロする形となりました。

 

スポンサーリンク

週明けの方針

次に今週のドル円の見通しです。

(ドル円4時間足)

 

まず、ブル派とベア派それぞれの視点を以下のように推測します。

 

🐮ブル派109.80からの下降波の戻り高値107.60を、106円からの反発でブレイクしたことでの上目線。ブル派が望むシナリオは、先週高値をブレイクし109.80まで上昇する展開。

買い場候補としては、

  • 先週安値107.30からの押し目買い
  • 先週高値レジスタンスのブレイクで追随買い
  • (もう一段押す形になると想定した上で)106.80~107.00から押し目買い

ブル派が注意するポイントとしては、

  • 108.00の基準線
  • 108.40の日足200SMA

また、目線の切り替えラインは106.80割れ。ここを下抜けたら上目線は変えた方がいい。

 

🐻ベア派コロナショック前から高値を切り下げている形ということで売り目線。ベア派が望むシナリオは、再度5月安値アタックからの安値掘り。

売り場候補としては、

  • 先週高値からの戻り売り
  • 先週安値サポートブレイクで追随売り
  • (もう一段上に戻す形になると想定した上で)109.00からの戻り売り

ベア派が注意するポイントとしては、

  • 雲下限サポート
  • 転換線サポート

また、目線の切り替えラインは109.20ブレイク。ここを上抜けたら強めの上昇トレンドが発生する可能性あり。

 

想定値動きは以下の通りです。

値動き想定ゾーン
  • 中段黄色ゾーンは、107.32〜108.15
  • 上段マゼンタゾーンは、108.15〜109.20
  • 下段緑色ゾーンは、106.80〜107.32

 




 

さて、今週の方針です。

まず環境認識としては、短期は⬆︎中長期は⬇︎という感じで見ています。

そして現時点で注目しているレートは、先週の高安です。

抜けたらある程度走りそうな感じなので、今週はまずそのブレイク(抜け)からの一波を狙う感じでやっていこうと思います。

 

ドル円に関してはだいたいこんな感じですかね。

あと、気になっているペアが豪ドルドルです。

(豪ドルドル4時間足)

綺麗な形ではないですが、水色チャネルを引けます

赤色ラインでレジスタンスされてからチャネル下限ブレイクすれば、売りを狙えそうな感じです。

なのでドル円以外に豪ドルドルも注目してみようと思います。

 

それでは今回はこの辺で👋

コメント