株のレバレッジとは?|初心者はやめた方がいい理由|デメリットと注意点について

 

初心者トレーダー
初心者トレーダー

レバレッジって何ですか?

株をはじめ、株価指数先物取引・FX・仮想通貨・オプション取引などでは「レバレッジ」という仕組みがあります。

元本の数倍の金額の取引ができる仕組みのことを言うのですが、大きなリターンを得られるメリットがある反面、その分だけ損失も大きくなってしまうリスクを併せ持っている魅力的かつ危険な仕組みです。

 

この記事では「レバレッジ」についての内容をまとめており、特に株の初心者に見ていただきたい内容になっています。

株をはじめる前には、必ずこの知識を頭に入れた上で取引されることをおすすめします。

 

この記事でわかること
  • レバレッジとは?
  • 初心者はレバレッジをかけない方がいい理由
  • 証券会社別のレバレッジ

 

おっちょ
おっちょ

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

レバレッジとは

レバレッジ(Leverage)とは、日本語で「てこの原理」を意味します。

小学生の頃、理科の授業で習った「小さな力で重いものを持ち上げる」アレのことです。

この「小さなもので大きなものを動かす」という仕組みが実は株取引にもあり、それはレバレッジと呼ばれます。

レバレッジの本来の意味は上記の通り「てこの原理」ですが、その仕組みにちなんで、株取引には自分の資金の数倍の金額の取引ができる「レバレッジ」というシステムがあります。

 

「現物取引」と「信用取引」

株取引には「現物取引」「信用取引」の2種類があります。

「現物取引」は、持っている資金の範囲内でしか株を購入することができません。

例えば元手が100万円であれば、100万円までしか購入できません。

対して「信用取引」は、レバレッジをかけことで持っている資金以上の取引をすることができます。




「信用取引」では資金の最大3.3倍の取引が可能

「信用取引」では、レバレッジという仕組みによって持っている資金以上の取引が可能です。

具体的には、担保として預け入れている証拠金の約3.3倍の額の取引ができます。

例). 100万円の証拠金であれば最大330万円の取引が可能
おっちょ
おっちょ

一般的には3倍として認識されていますね。

 

スポンサーリンク

株の初心者がレバレッジをかけない方がいい理由

初心者トレーダー
初心者トレーダー

レバレッジをかければあっという間に稼げますね!

信用取引では証拠金の3倍の額の取引ができるので、現物取引よりも効率的に資産を増やすことができます。

しかしその反面、損失も大きくなってしまうというデメリットがあります。

このデメリットこそ、初心者がレバレッジをかけた取引をしない方がいい理由です。

証拠金がゼロになるだけならまだしも、このレバレッジをかけた取引で恐ろしいのは、預け入れた証拠金以上の損失が出る場合がある点です。

 

具体例を出してみましょう。

CASE 1100万円の証拠金をもとにA社の株を購入し、その後50%値下がりした場合を、「現物取引」と「信用取引」とで見比べてみましょう。

⚫️現物取引の場合
100万円 × 50% = 50万円
つまり50万円の損失
⚫️信用取引の場合
300万円(100万円にレバレッジ3倍) × 50% = 150万円
つまり150万円の損失(元手が100万円なので、証拠金が50万円不足する事態が発生)

このように、現物取引ではどんなに損失が出たとしても証拠金以上の損失は出ませんが、レバレッジをかけた信用取引では証拠金不足に陥る可能性が出てきます。

したがって、株取引に慣れていない初心者であれば、レバレッジをかけた信用取引はしない方がいいです。

おっちょ
おっちょ

リーマンショックのような株価大暴落に巻き込まれたら危険です

スポンサーリンク

証券会社でレバレッジに違いはある?

初心者トレーダー
初心者トレーダー

証券会社によってかけられる最大レバレッジに違いはありますか?

国内には株取引ができる証券会社が多数あります。

  • IG証券
  • SBI証券
  • DMM.com証券
  • GMOクリック証券

 

信用取引においてかけられる最大レバレッジは、どこも約3.3倍です。

IG証券であろうと、SBI証券であろうと、DMM.com証券であろうと、GMOクリック証券であろうとどこも一緒です。

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のまとめ
  • 信用取引では資金の3.3倍の取引が可能
  • レバレッジをかけることで大きなリターンを狙える反面、大きな損失を出すリスクが高くなる
  • 株取引初心者は信用取引はしない方がいい
  • 証券会社によってかけられる最大レバレッジに違いはない

 

初心者にありがちな思考として、「すぐに大金を稼ぎたい」という欲望に駆られるということがあります。

レバレッジをかけた信用取引がこれを達成させてくれると期待してしまいますが、経験や知識や足りない状態での信用取引はその大きなリスクを考えるとオススメできません。

やるのは株取引に慣れてきてからでも遅くはないので、まずは経験を積んでいくことに重きを置きましょう。

 

おっちょ
おっちょ

それでは今回はこの辺で!

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 PVアクセスランキング にほんブログ村

FXの手引き
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント