ドル円急落から反発

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

昨日もまともに時間を取れずで、トレードどころかチャートすら見られませんでした。

んでさっき見てみたら、昨日はこの前のISMの指標で下げたあとの戻しがあったみたいですね。

(ドル円4時間足)

108.42まで下落しましたが現在108.90付近まで値を戻しています。

日足200SMAと日足21SMAが戻り目安として意識されているみたいです。

 

さて、ここからの見通しです。

先日のISMの指標とそのあとの米中貿易関連の報道で急落し、黄色ゾーンを抜けて緑色ゾーンに入っています。

ISMの指標にしては下落幅が大きかったので、すでにマーケットには割高感が流れていたのではないかと推測。

高値は更新し続けてきていますが、その更新率は弱まり上昇モメンタムは減速しつつあるように思います。

そして108.30を割れるといよいよ本格的に売りの流れがきそうな形。

まだ方向感がはっきりしていませんが、売りを入れてみようと思います。

 




 

(ドル円1時間足)

エントリー候補・108.95売り

先日の下落でつけた安値108.42を押し安値としてここからさらに高値更新を目指す上昇も可能性としては考えられますが、ちょっと攻めます。

 

ここまで上げてきていますが、さてさてどうなるか。

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント