ドル円は戻り売り

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

ドル円、週明けの昨日は数pipsのギャップダウンで始まりましたが、1日を通して値動きの少ない相場でした。

そして今日は建国記念の日で東京市場は休場です。

今週は、先週の上昇の勢いが続くか、はたまた110円付近で売り押されるかというところがポイントになってくるでしょうか。

 

(ドル円日足)

現在の状況は、

昨年8月につけた安値104.50からの上昇波の押し目買い vs 週足切り下げラインタッチからの長期戻り売り

というような構図と見れます。

値動きは大きいものの方向感が薄れてきていますが、そろそろどちらかに流れが出てきてもいい頃だと考えます。

そこで今週の方針としては、110円台の鉄壁の売りオーダーを見るとやはり買いは厳しいかなと思うので、110.30を超えるまでは売りということで110円近辺で売っていこうと思います。




(ドル円4時間足)

エントリー候補・110.00売り

とりあえず先週高値の110.01手前で売ってみます。

先週の上昇の勢いが続くとしたらここを越えて110.25まで行くかと思いますが、そこから上はショーターによる売り圧力がさらにかかるはずなので、上値の重い展開が予想されます。

なのでこの分厚い壁を背にして売っていくという感じで。

 

今日の注目材料としては、

22:30にパウエルFRB議長の原稿発表、その後24:00にパウエルFRB議長の発言があります。

新型肺炎による景気減速懸念についての言及があるかどうかが注目ですかね。

 

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント