2020年5月第3週のドル円見通し

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

最近夜中にアマゾンプライムビデオで映画を観るのにハマっています。

(いや寝ろよって感じですが。。。笑)

その中で一番面白かったのがコレ⬇︎


ミステリーが好きな方であれば観た後に大満足するはずです。

スペイン映画ですが、こんなにもレベルが高かったのかと驚きました。

また面白いものを見つけたら紹介しますね。

 

 

さて、それでは今週のドル円の見通しを立てていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでの流れの確認です。

 

(ドル円週足)

 

 

(ドル円日足)

 

112円からの急落を101円で切り返し、111円まで戻した後は3月陽線の押し安値である4月頭安値106.90に高値を切り下げながらじわじわ迫る展開でした。

そして4月頭安値をブレイクしたあとは3月陽線半値で一旦反発を受けるも、再び売りに押し戻されて106.00まで安値を掘っています。

 

先週末に想定した値動きゾーンを振り返ってみると、中段ゾーンのサポートラインとしていた106.35を下に割る動きによって売りが加速するかと思われましたが、意外にも底堅く週後半は長めの陽線が出現する形となりました。

 

スポンサーリンク

週明けの方針

次に今週のドル円の見通しです。

 

(ドル円4時間足)

 

まず、ブル派とベア派それぞれの視点を以下のように推測します。

 

🐮ブル派106.00からの反発上昇の押し目買い。しかしここがサポートラインとして反発の起点となり高値を徐々に更新していく上昇トレンドが発生することは、チャートの右側を見ても各インディケーターを見ても考えにくい。なので買いで狙う動きは、ここまで順調に継続している下落のプルバックの小さな値幅。今の段階で言うと106.00からの反発陽線の押し目買い。ターゲットは先週高値107.00付近までか。そこからの戻り売りが弱ければ107.50、そして108.00が見えてくる。反対に先週安値105.98が割れたら買いは一旦撤退を考えた方がいい。

 

🐻ベア派111円台からの下降トレンド戻り売り。高安の切り下げが続いており、日足でも雲の下抜けが確定しているため下への圧力は強いと見れる。戻り売り候補は紫色の切り下げラインタッチか、もしくは先週高値。日足21SMAも降りてきているのでそこでのタッチから反落というケースも想定できる。いずれにしろ106円後半は売りのオーダーが多く並ぶことが考えられるので、その辺を背にした戻り売りが成功しやすいか。ターゲットは先週安値106.00か、上手く売りが続けば105円ミドルまで狙える。反対に先週高値107.06付近が突破されたら、短期の上昇波が勢い付きそうなので注意。

 

想定値動きは以下の通りです。

値動き想定ゾーン
  • 中段黄色ゾーンは、105.98〜107.06
  • 上段マゼンタゾーンは、107.06〜108.00
  • 下段緑色ゾーンは、105.15〜105.98

 




 

さて、今週の方針です。

現時点で想定している中長期シナリオは以下の2つ。

  • 3月陽線をベースとして見た場合、105.15まで目立ったサポートがないためそこまでの下落
  • キリ番106.00がサポートとなり、紫色の切り下げライン上抜けによって上昇波発生

 

ざっくりとですがこんな感じで考えています。

ダウ理論で言うと、戻り高値107.50を明確に超えるまでは下目線でいいのかなとは思いますが、ここまで上昇してくると切り下げラインを上抜くことになり、短期上昇波が勢いづく可能性が出てきそうです。

とはいえこの切り下げラインがどの程度意識されているかはわかりませんし、106.00がサポートとして機能する根拠があまりないため、今週も105円ミドルまでの下落を想定した売り目線でいこうと思います。

 

週明けは、とりあえずは売りで入れる形ができるまで待って、パターンが形成されたら貪欲に売っていきます。

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント