2019年12月第3週の相場見通し

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

12月後半戦、始まりました。

といっても今週来週あたりから相場が閑散としてくるかと思うので、実質今週が年内最後になりそうかなと。

米中貿易協定もひと段落し、この後は年末の特殊なフローが起こる可能性があるのでその点に気をつけて見ていければいいかなという感じですかね。

 

それでは今週のドル円相場の見通しを立てていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでの流れの確認です。

 

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

フラッシュクラッシュ安値から上昇トレンドが続いていましたが、高値更新に勢いがなくなり上昇モメンタムが失われつつある中で109.70からの強い下落がありました。

最終押し安値108.20~40でサポートされたものの、日足200SMA・日足21SMAを下抜き、高値切り下げの三角保ち合いを形成していたことなどから売り優勢の展開に変わったかと思われましたが、米中合意の期待で一気に吹き上げ強い陽線が出現。

これにより再び日足200SMA・日足21SMAを上に抜き返し、その後直近高値の109.70まで上昇しました。

値動き想定ゾーンで見ると、黄色ゾーン下限でサポートされたのちマゼンタゾーンに移行、という形になりました。

 

 

スポンサーリンク

週明けの方針

さて、それでは今週の方針です。

 

(ドル円4時間足)

まずはブル派ベア派それぞれ根拠となる視点を以下の通りと推測します。

 

🐮ブル派

  • 押し安値108.40からの強い陽線
  • 日足200SMA、日足21SMAの上への抜き返し
  • 転換線、基準線サポート

🐻ベア派

  • 高値109.70からの日足レベル戻り売り

という感じの見立てです。

現在は、日足レベルではやはり高値圏で戻り売りレベルに位置しているかと思いますが、108.40からの強い反発上昇を見ると上への勢いが強いと判断せざるを得ないかなという感じがします。

今月の月初につけた109.72の高値は超えられませんでしたが、これを以って上昇トレンドが終わったとも言い難いです。

というわけで、今週は買い優勢相場と見て押し目買いで戦略を立てていきたいと思います。





次に今週の値動き想定です。

値動き想定ゾーン
  • 中段黄色ゾーンは、先週高値109.70〜109.00の間。下限からの押し目買いと上限からの戻り売りに挟まれレンジを形成するシナリオが考えられます。
  • 上段マゼンタゾーンは、先週高値109.70〜110.60の間。押し安値108.40からの強い反発で上昇圧力がかかり、先週高値を上抜けるシナリオが考えられます。110.00というキリ番はあるものの、先週高値を越えると110.60まで目立ったレジスタンスは無さそうです。
  • 下段緑色ゾーンは、109.00〜108.40の間。109.00からの押し目買いが失敗し、109.70を高値とするWトップ形成へと向かうシナリオが考えられます。

 

今週は、先週の上昇の勢いが継続するというシナリオの元、先週陽線の押し目買いでトレードしていこうと思います。




(ドル円1時間足)

エントリー候補・109.20買い
・109.00買い

強気に攻めるなら109.20で、優位性を求めるなら109.00、というところでしょうか。

とりあえず今日は月曜日なので様子見でいこうと思います。

 

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント