今週の相場見通し

現在のポジション
なし
10月の累計損益
+7,435円

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

今月も残り一週間となりました。

現在の累計損益は、上記の通り+7,435円。

先月爆損を喫してから絶対取り返すと意気込んだものの、なんとも微妙な結果ですね。

証拠金が少なくて済む豪ドルをメインにロットを張ってやっていますが、今月はなかなか難しい動きで思うように獲れませんでした。

残り一週間、いい動きを期待しつつ今週の相場の見通しを立てていこうと思います。

 

スポンサーリンク

今週の相場見通し

ドル円

(ドル円日足)

日足レベルでは下落トレンド。

先週は雲下限で頭を抑えらえて安値に向かう形となりました。

流れは下ですが、ここからは週足サポートという硬いゾーンになりますので流れが変わるかもしれません。

米大統領選も近く、とりあえずドル円に関してはここまでの値動きでひとまず達成感が感じられます。

なので無理してトレードしなくてもいいのかなという感じですね。

トレードするのであれば、少なくとも前回安値を日足実体で下抜けを待ってから戻り売りで攻めたいところです。

ちなみに週足サポートは一応黄色のラインで引いていますが、水平線というよりも50pips~100pips程度のゾーンとして考えています。

 

ユーロドル

(ユーロドル日足)

8~9月で形成した高値圏が崩れて1.161まで下落。

そこから反発し戻り売り候補まで上昇するも売りが弱く、安値を切り上げつつ高値を更新してきている状況。

サポートをブレイクさせた起点&日足雲上限まで上昇し、先週がクローズ。

コロナショックからの急騰ぶりがすごいのでもう少し深く押すかと踏んでいましたが、思いの外買いが強いです。

週足レベルの高値切り下げライン(黄色ライン)付近なので、そのブレイクを狙っている勢力がいるのかもしれません。

このままさらに高値を更新しに行く可能性もありますが、この直近の上昇がWトップ右肩をつけに行く動きでそこから再度反落する可能性もあります。

とりあえずはしばらく様子見でいこうと思います。

 

ユーロ円

(ユーロ円日足)

ユーロ円も高値圏が崩れて下落しましたが、ユーロドルと違うのは巨大Wボトムのネックライン・雲下限という強いサポートに支えられて反発しているので、どちらかといえば上に行きやすい展開になるかなと見ています。

先週高値を越えてきたら一段上に行き高値をもう一度試す動きになりそうです。

なのでユーロ円は上目線で、先週高値に注目しロングで狙ってみようと思います。

 




 

豪ドルドル

(豪ドルドル日足)

コロナショックからの上昇トレンドの押し安値が割れたことで、トレンド転換。

0.7020のサポートラインと雲下限で一旦支えされプルバックの動きになりましたが、急落陰線の戻り売りを受けて再び安値に向かう形となっています。

0.7020のサポートは相当意識され簡単には崩れなそうですが、コロナショックからの急騰ぶりを見るともう一段下げてもおかしくないと考えており、0.680あたりまで下がる展開を予想。

なので豪ドルドルは下目線で見ていきます。

先週安値に注目し、そこが割れたらショートしてみようと思います。

 

豪ドル円

(豪ドル円日足)

豪ドル円ですが、豪ドルドルと同じくコロナショックからの上昇トレンドが下げに転換しています。

豪ドルドルと違うのは強いサポート(72.70)がもっと下にあり、そこまでの余地が大きいというところです。

なので豪ドルドルよりもショートで獲りやすい形といえます。

したがって豪ドル円も下目線、先週安値に注目しショートを狙おうと思います。

 

スポンサーリンク

今週の注目通貨ペアは

今週の注目は豪ドル円です。

上述した見通しの通り、下にいきやすい形であり、なおかつサポートまで距離があるのでうまくショートできれば大きな値幅が狙えそうです。

米大統領選を来週に控えているので難しい動きをするかもしれませんが、とりあえず先週安値に注目しショートで構えます。

 

それでは今回はこの辺で👋

コメント