【FX月間結果】2021年7月 −73pips [−41,435円]

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

 

遅くなりましたが、7月のFXトレードの結果をまとめていこうと思います。

上半期で稼いだ分を下半期で失くしてしまわぬよう、冷静慎重ながらも攻める精神で臨んだ7月、どうだったのでしょうか・・・

 

スポンサーリンク

7月のトレード成績

 

7月のトレード成績まとめ
  • 損益:−41,435円(452,845円 ➡︎ 411,410円)
  • 獲得pips:−73pips
  • 月利:−9.14%
  • 勝率:14%(1勝7負0分)

7月は−73pips41,435円の損失、月利では−9.14%という結果でした。

以下、7月のトレード記録です⬇︎

【トレード結果】7/1 EUR/USD −20pips[−11,150円]
環境認識と戦略 日足レベルの上昇トレンドが押し目をつけた後の高値更新に失敗(6月中頃)。 とはいえ週足レベルでは流れはまだ上向きなので、その時間軸での押し目までの調整の動きと考え、...
【トレード結果】7/1 USD/JPY −15pips[−4,500円]
環境認識と戦略 4月23日に押し目をつけてから高安をジリジリ切り上げていき、3月高値の110.96を更新。 シンプルにトレンドフォロー。 エントリーからエグジ...
【トレード結果】7/2 EUR/USD +38pips[+12,620円]
環境認識と戦略 直前のユーロドルのトレードのリベンジ。 レジスタンスとなりそうなポイントまで待ちそこからの戻り売りを狙う。 エントリーからエグジットまでの詳細...
【トレード結果】7/6 USD/JPY −15pips[−7,750円]
環境認識と戦略 2021年3月高値を更新したので、レジスタンス突破により更なる上昇が見込めるが、2020年3月高値で先週は反落しているのでそこを意識した売り圧力を警戒しながら押し目買いを...
【トレード結果】7/13 USD/JPY −16pips[−8,005円]
環境認識と戦略 チャネルを形成しながら2021年3月高値を更新し、昨年3月高値付近まで到達。 ここでの反落がチャネル下限をブレイクしたので、下目線に切り替える。 チャネル下限...
【トレード結果】7/20 USD/JPY −15pips[−7,500円]
環境認識と戦略 4月〜7月頭にかけて形成した上昇フラッグが、2020年3月高値にタッチしたあとの反落で下方ブレイク。 その陰線安値を更新したことでダウントレンドに切り替わったと見て...
【トレード結果】7/21 USD/JPY −15pips[−7,650円]
環境認識と戦略 上昇フラッグを下方ブレイクし、ダウントレンドに入ったと見て売りを狙う。 エントリーからエグジットまでの詳細 安値を更新させた起点を戻り目と...
【トレード結果】7/27 USD/JPY −15pips[−7,500円]
環境認識と戦略 4月末〜7月頭まで続いた上昇波のフィボ61.8%(先週安値109.06)で反発し、先週安値をつけた波の高値を超えてきたので、再び高値更新を目指す波が発生すると見て押し目買...

 

スポンサーリンク

7月の振り返り

ひどい成績でもうゲロ吐きそうです・・・

勝ち続けることが難しいのは分かるんですが、それと同じく負け続けることだって難しいはず・・・

それなのにこんなにも立て続けに負けるものなのか・・・泣

7月はトータルで8回のトレード。

このうち勝ったのは1回だけ。

あとは全部ロスカット。

もう悔しいという気持ちにすらならない。

ある意味平常心?というより放心状態か(笑)

 

さて、個々のトレードを見てみよう。

全体的に言えるのが、狙うべき波に合った押し目買い戻り売りができていないこと。

具体的に言うと、4時間足が上昇トレンドだからといって、1時間足が下降トレンドの最中に買ってしまっているような例。

例えば⬆︎のトレード。

この場合、4時間足の上昇を狙いたいのなら、調整波である1時間足の下降トレンドの反発を確認してから入るべき。

 

⬆︎もそう。

4時間足レベルの下降トレンドを狙いたいのなら、1時間足の調整波が終了したのを確認してからショートエントリーすべきなのに、それを待たずしてエントリーしてしまっている。

他にもあるが割愛。

 

この7月の結果から、なんとなく負けのパターンが分かってきたような気がするので、8月はこの辺を意識してトレードしていく。

 

スポンサーリンク

8月の計画

 

8月も引き続き以下のルールに従ってトレードしていこうと思います。

 

8月のトレードルール
  • 4時間足~1時間足以上のトレンドに順張りする形での押し目買いと戻り売り
  • 損切りは15pips逆行で自動で実行(場合によっては臨機応変に15pips以内で手動ロスカット)
  • 金曜日は基本エントリーしない
  • 取引数量は基本5万通貨以内

 

大きなルールとしては以前と変わりませんが、細かいエントリーのタイミング等は、この7月の反省を生かしていろいろ試していこうと思います。

 

7月のトレードで損失が嵩んでしまいましたが、まだ上半期の利益は残っています。

これ以上減らしてしまうとさすがにメンタルがやばいので、なんとかこの辺で食い止めて再び50万円まで復活させたい。

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ

月間結果
スポンサーリンク
おっちょFXブログ

コメント