2019年11月第5週の相場見通し

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

ここ最近になってグッと寒くなりましたね。

そして11月も今週で最後となり、来週から12月です。

月末になると毎月時間の流れの早さを振り返りますが、今月は特に早かった気がします。

いつも通りの日常だったはずなんですがね。

 

そんなことはさておいて、さっそく今週のシナリオを立てていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでの流れの確認です。

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

フラッシュクラッシュ安値からの反発のあと上昇トレンドが続いていましたが、先々週にチャネル下限を割り、109.50越えはとりあえず失敗に終わったような雰囲気です。

ただ、その上昇トレンドも108.00を割り込むまではまだ終わっていないと見る向きも少なからずいるはずであり、その存在がいる限りは108.00〜108.20からの押し目買いで下値を支える動きがあると見ています。

よって現時点での環境認識としては、短期的には下向きですが、中期足トレーダーによる買い圧力を考慮しなければならない展開かなと思います。

 

ちなみに先週の値動き予想範囲を3つの色付きブロックに予想して分けましたが、結果は黄色ゾーンの下限で支えられました。

 

スポンサーリンク

週明けの方針

(ドル円日足)

現在の状況としては、

  • 転換線、基準線でレジスタンス
  • 日足200SMA下を推移
  • 日足21SMでレジスタンス
  • 109.50からの売りと108.20からの買いで拮抗状態(上昇トレンド一服中)

というような感じで売り材料多数という状況です。

とはいえ再三ですが、108.00からの買い支えの可能性も残っているわけで、ここからも売り一辺倒というわけにはいかず、ここからもその買い勢力の存在には注意が必要です。

 

というわけで週明けの方針は、買い勢力に注意を払いつつ上記に挙げた売り材料をもとに売り目線で見ていこうと思います。

 

例によって週明け相場が動きうるゾーンを3つに分けてみました。

上段のマゼンタのゾーンは、現状の安値の切り上げから、108.20がサポートとなって青色下降チャネル上抜けで先週高値を抜けていくシナリオ。

中段の黄色のゾーンは、先週安値108.25〜先週高値109.00の間でレンジを形成し、先週の膠着状態が長引くシナリオ。

下段の緑色のゾーンは、上昇チャネル下抜けという事実から109.50突破失敗の認識が強まり108.00あるいはさらに下を目指すシナリオ。

 

先週ずっと揉み合いが続いたので、黄色ゾーンでまた揉み合いになる可能性は薄いと見ています。

今週はそろそろ方向性が出そうな感じがするので、上に行くか下に行くかを見極めていきたいと思います。




(ドル円4時間足)

エントリー候補・108.70売り

とりあえずはこの辺ですね。

まずは週明けの動きを確認します。

 

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント