ドル円安値割れ、トレンド変わるか?

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

昨日夜寝る前にスマホから緊急地震速報が鳴ったんですけど、夜の地震って本当に怖いですよね。

万が一津波が起こるような地震だったとしたら、夜で何も見えないからパニック状態になると思う。

自然災害には逆らえないけど、その上で自分にできることを事前に探しておいて、いざそういう事態になったらどう行動できるかが大事だと思うんですけど、これってFXトレードでも同じことが言えるなーとふと思いました。

相場には逆らえないけど、いくつかの行動パターンを考えておいて臨機応変に対応するみたいな。

 

 

さてドル円ですが、昨日のNY時間でついに安値が割れました。

(ドル円日足)

 

(ドル円4時間足)

安値108.20をつけた後は反発が入り、NY時間の終わりには下落を戻して108.80まで回復していましたが、東京時間に入った今また下落が起きています。

現状としては、日足200SMA・日足21SMAを共に下抜けており、雲の中に突入している状況です。





さて、ここからの見通しです。

109.25の安値を下抜けて108.45付近のサポートで一旦反発を受けたものの、買いが弱く108.21まで下落してきています。

直近の流れでいうと下落ムードですが、雲下限(108.00)がサポートとなってそこから上昇という形も考えられますが、フラッシュクラッシュ安値からの上昇トレンドの最終押し安値108.20が割れるといよいよトレンドが変わりそうな感じです。

これらを踏まえて、ここからは売り方向に目線を傾けて見ていこうと思います。

 

(ドル円4時間足)

 

エントリー候補・108.45売り

ちょっと入るのが遅かったです。

でも今日は金曜日だし無理はしません。

ISM製造業指数やFOMC議事録の公表もあるのでそれらにも注意ですね。

 

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント