ドル円、押し目待ち

現在のポジションなし

8月の累計損益
−15,100円

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

お盆明けの今日は穏やかにスタートしました。

ドル円は窓空けもなく、先週終値付近で推移しています。

(ドル円1時間足)

まずは赤色ラインで示した安値に注目です。

オーダーを見るとロスカットが集まっているっぽいので、抜ければ一段下に落ちそうですね。

昨日も書いた通り、ドル円は一回下にいく動きを待ってから押し目で買います。

押し目候補は106.20、そして106.00です。

今回も1ショットの枚数を少なくして、それぞれのレートで分けて入ります。

そのまま上に行ったらスルーして、上がった後の押しをまた待ちます。

 




 

そしてユーロドルです。

(ユーロドル4時間足)

Wトップを作って下に行くかと踏んでいましたが、ネックラインでサポートされて上がってきています。

そしてヒゲで返されはしましたが、先ほど先週高値をブレイクしました。

先週高値をしっかり抜ければ1.19まで上昇すると見ています。

その後は、❶高値を更新するパターンと❷反落してトリプルトップになるパターンが考えられますが、コロナショックからの上昇波をベースとして見れば安値を更新していないので、上昇トレンドは継続中です。

なので中長期目線は上、したがってユーロドル(中長期トレード)は押し目買いで入ります。

考えている動きは、先週高値をブレイクしてからの押しです。

思惑通りに動いたら、そこで買いで入ります。

 




 

あとは豪ドル円です。

(豪ドル円4時間足)

安値を切り上げながらジリジリ6月安値に近づいてきました。

こちらもトレンド的には上昇の形です。

ここまで綺麗な形だと、逆張りで高値から売りたがるトレーダーがかなりいるんじゃないかと思います。

反落すれば天井から売る形となって最高ですが、トレンドは上なので買いは相当強いでしょう。

とはいえ切り下げラインを下に抜ければ一気に下がりそうでもあります。

切り上げラインと6月安値までの距離が短くなってきたので、そろそろどちらかに抜けそうです。

豪ドル円は、やはり中長期トレンドにしたがって押し目買いで入ろうと思います。

具体的なレートは、直近安値か切り上げラインをタッチしたところで考えています。

逆張りは狙いません。

売るなら、切り上げラインがはっきり割れてからです。

 

 

と、今のところはこんな感じですかね。

お盆明けでまた市場に参加者が戻ってくるかと思いますので、いい値動きを期待します。

それでは今回はこの辺で👋

コメント