2020年8月第5週のドル円見通し

現在のポジション
なし
8月の累計損益
−24,469円

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

昨日は疲れによる激しい倦怠感に襲われていましたが、完全復活しました。

そして今朝はいつもより少し早起きして気分転換に朝食を食べたので、万全です。

いつもは朝食にバナナとプロテイン、昼はコーヒーだけで夜は普通に夕食をとり、深夜にまたご飯を食べるというあまり良いとは言えない食生活でしたが、今日からしっかり朝食をとって、深夜は食べないというスタイルにしてみようと思います。

筋トレも1ヶ月前から始めて今も続けているので、その辺との兼ね合いもあってちょっと実験してみます。

 

さて、それでは早速今週のドル円の見通しを立てて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでの流れの確認から。

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

コロナショックからの急反発後、高値を切り下げながら安値106.00に迫る形の中、7月後半でその安値をブレイクし週足レベルのサポートラインにまで到達。

その後は強く反発し、106.00をブレイクさせた強者の高値まで上昇。

そして先週、その高値から売りが入り、週足サポートからの上昇波押し安値まで下落するという形でクローズしました。

 

スポンサーリンク

今週のドル円の見通し

次に今週のドル円の見通しです。

(ドル円4時間足)

 

まず、ブル派とベア派それぞれの視点を以下のように推測します。

 

🐮ブル派7月下旬の週足サポートからの強い反発から、日足レベルで上昇トレンドが発生すると見て買いで狙いたい。戦略としては、

  • 直近高値の106.21を上方ブレイクしたら、先週高値からの売りポジションが逃げ始めるはずなのでそのロスカットの力を借りて先週高値106.65までロング(そこを越えたら107.05まで引っ張りたい)
  • 先週安値105.10のサポートが割れたら、週足サポートまで引きつけてそこから反発狙いでロング

短期ではやはり下落の流れなので、下げ止まりとそれを確認できる形を見てから買っていきたい

 

🐻ベア派106.00サポートを下方ブレイクしたことで、コロナショックからの下降波継続と見て売りで狙いたい。戦略としては、

  • 先週安値105.10をブレイクしたら、週足サポートまでの下落を狙ってショート(あわよくば週足サポートブレイク)
  • 先週高値106.65まで上昇し、そこで上値の重さを確認できたらショート

先週高値106.65がブレイクされると、買い手が勢いを増してきそうなので売るならそこまでか

想定値動きは以下の通りです。

値動き想定ゾーン
  • 中段黄色ゾーンは、105.10〜106.21
  • 上段マゼンタゾーンは、106.21〜107.05
  • 下段緑色ゾーンは、104.50〜105.10

 

スポンサーリンク

今週の方針

さて、今週の方針です。

まず環境認識として、短期では106円台からの売りが強いですが、週足サポートからの反発でも分かるとおり、長期では買いが優位ということを前提に考えた方がいいでしょう。

これをもとに戦略を立てます。

(ドル円1時間足)

下から順に、週足サポート、先週安値、106.21、先週高値、107.05をレジサポラインとして見た上で、このような値動きをイメージしています。

赤矢印はロング、水色矢印はショートで、一応この通りにエントリーしてみようかと思っています。

あくまで現時点でのイメージなので、相場が始まったら臨機応変に戦略を変えていくつもりです。

 

今月はかなり負け越しているので、今週はしっかり勝ちたい。。。

それでは今回はこの辺で👋

コメント