2020年2月第5週のドル円見通し

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

二度寝三度寝した結果さっき(AM11:00)起きました。

ってことで今日はいつものカフェには行かず今家で書いてます。

特にこれといった用事はなくてもとりあえず早起きして体と頭を動かして有意義な時間にするんや!という新年の抱負を年明けに掲げましたが、最近ちょっと怠けがち。。。

やはり寝すぎると体がだる〜んとして思考もぼやぼやしてる感じです。

明日は絶対早起き!!

 

さて、頭を冴え渡らせて週明けのドル円の見通しを立てていきたいと思います。

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでの流れの確認です。

 

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

 

1月中旬に110.20まで上昇したのち強い下落で200SMAまで下がりましたが、そこがサポートとなって再び強い上昇で110円台を回復しました。

その後110.00付近から長期戻り売りを受けて値動きが膠着していましたが、ついに先週、強い円売りでその膠着状態を破り急上昇しました。

週足切り下げラインを上抜けた形となったドル円は、昨年4月高値の112.40が意識されその手前で一旦反落し111.50で先週がクローズという流れです。

 

先週末に想定した値動きゾーンを振り返ってみると、上段の上値目処をゆうに越える形となりまさに想定の範囲外の値動きになりました。

 

スポンサーリンク

週明けの方針

さて、それでは今週のドル円の見通しです。

 

(ドル円4時間足)

 

まず、ブル派とベア派それぞれの視点を以下の通りと推測します。

 

🐮ブル派上目線の根拠としては、週足切り下げラインブレイク。そして同時に長らく続いた110.20付近のレジスタンスもブレイクされたことで、昨年8月につけたフラッシュクラッシュ時の安値を起点とした上昇波が継続という見方が濃厚。110.20を最終サポートラインとした押し目買い戦略が考えられる。押し目候補としては、先週の上昇波の中で一旦押しをつけたポイントである111.10。はっきりしているのはここくらいで、ここまでほとんど押し目のない上昇だったのであとはどこから買いが入ってくるか分からない。目先の高値目標は昨年4月高値の112.40付近か。

 

🐻ベア派下目線の根拠としては、昨年4月高値112.40からの反落。戦略としてはそこからの調整波を狙った短期戻り売りが良いか。戻り目候補としては、先週高値の112.22付近。直近の上昇の勢いが強いので売りで入るのは幾分ためらわれる。





そして想定値動きは以下の通りです。

値動き想定ゾーン
  • 中段黄色ゾーンは、先週高値からの売りと上昇波押し目買いに挟まれ揉み合いになる展開。想定値幅は111.10〜112.22。
  • 上段マゼンタゾーンは、先週高値をブレイクしさらに上に行く展開。想定値幅は112.22〜112.40。
  • 下段緑色ゾーンは、先週上昇波の押し目が崩れて一段下に行く展開。想定値幅は110.22〜111.10。




エントリー候補・111.10買い

週明けの方針としては基本押し目買いで良いかと思いますが、流れができたとはいえその勢いが強すぎたのでちょっと難しいですね。

トレードするのは値動きが落ち着いてからでも遅くないかな?

とりあえず月曜日の欧州・NY時間での値動きを見てみようと思います。

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント