【週間結果】2020.02.17-02.21 −15pips(−4,500円)

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

以前から問題になっている「桜を見る会」ついて、昨日ちょっと気になってそれに関する色々な記事からことの経緯と今の状況を調べてみたんですが、なんかもうごちゃごちゃしててわかりませんでした(笑)

真相はわかりませんが、一つ言えるのは今コロナで大変なんだからそんなこと二の次では?と思っちゃいますね。

政治のこととかはよくわかりませんが、今はコロナの被害を食い止めることが最優先で間違いないはず。

国民の声はちゃんと届いているんだろうか。

 

さて、それでは今週も終わりましたので1週間の振り返りをしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

今週のトレード結果

今週のトレード結果です。

17日0円(0pips)
18日0円(0pips)
19日−4,500円(−15pips)
20日0円(0pips)
21日0円(0pips)
合計−4,500円(−15pips)

 

今週は1戦1敗(−15pips)で−4,500円という結果でした。

 

今週はついに110円前半のレジスタンスが破られて大きく上昇し、週足で約200pipsの大陽線が立ちました。

円売りにより大きな流れが発生しましたが、戻り売りで構えていた僕は損失で終わりこの上昇は獲れませんでした。

後から見ればドテンしてロングもできたなーと思いますが、その時行動できなければ意味がないですね。

まぁ売りに固執して下手な逆張りで損失を重ねなくて良かったのかな〜。

悔しいは悔しいですがそう思うことにします😓

 

スポンサーリンク

今週のチャート分析

次に今週のチャート検証です。

 

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

先週までの流れとしては、110.20からの深い押しが200SMAで反発し、そこから再び110円台に向かう強い上昇波が発生していました。

110円にタッチしたものの上値の重さは健在で、狭いレンジを形成し小幅な値動きを続けている状態です。

値動きが膠着していることからそろそろどちらかに向かって流れができる可能性を考慮し、売りと買いの決着がつくポイントに注目してその流れに乗れる準備ができていたら良かったかなという1週間でした。




(ドル円4時間足)

110.00を挟んで膠着しているところから今週のスタートです。

 

(ドル円1時間足)

優位性のあるエントリーポイント

  1. 先週高値をブレイクしたところでロング➡︎昨年5月高値110.50付近まで
  2. 110.50も軽々超えてきたところでロング➡︎112円まで

 

スポンサーリンク

今週の振り返り

ここまで円が売られた理由について、

  • 今回のコロナウイルスに対する日本政府の対応の遅れ・杜撰さ
  • GDP悪化による消費増税失敗でリセッション入り➡︎日銀の追加緩和

という見方ができます。

安全資産の円が売られて、ドルやゴールドにお金が集まってきている印象です。

今週でいろいろ大きく流れが変わった感がありますね。

来週以降面白くなってきそうです。

 

スポンサーリンク

来週の主な予定

 

日付指標・イベント等
24日(月)
  • 天皇誕生日振替休日で東京市場は休場
25日(火)
  • 特になし
26日(水)
  • 特になし
27日(木)
  • 雨宮日銀副総裁、講演
  • 片岡日銀審議委員、講演
28日(金)
  • 日本小売売上高(1月)
  • 日本百貨店スーパー売上高(1月)
29日(土)
  • 中国製造業PMI(2月)
  • 中国非製造業PMI(2月)

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 PVアクセスランキング にほんブログ村

週間結果
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント