【週間結果】2020.05.25-05.29 +45pips[+2,177円]

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

昨日久しぶりにスタバに行ってきました。

コロナによる営業停止期間は行けなかったので1ヶ月半ぶりですかね。

やっぱり家で作業するより何倍も捗ります。

カフェ最高。

でもまだコロナ感染が収束したわけではないのでこれまで通り足繁く通うことは当面控えようかなと思います。

 

さて、それでは今週も終わりましたので1週間の振り返りをしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

今週のトレード結果

今週のトレード結果です。

 

25日(月)0円(0pips)
26日(火)0円(0pips)
27日(水)0円(0pips)
28日(木)+238円(+3pips)
29日(金)+1,939円(+42pips)
合計+2,177円( +45pips

 

今週は4戦1勝1敗2分(計+45pips)で+2,177円という結果でした。

 

 

今週は初めてユーロ円を取引してみました。

今週のドル円は前半は全然動きがなかったということもあって、そんな中ユーロに目を向けてみたら結構いい感じの形だったからです。

昨日も書きましたが、ドル円以外を取引するものいいかもしれないと思いはじめました。

監視する通貨ペアが増えるのはちょっと大変ですが、一方のチャートが膠着していたら他方のチャートを見てみるという感じで今後はやってみようかなと思います。

メインはドル円で、それがやりにくい形だったりやレンジだったりしたらユーロドルやユーロ円をやるって感じですかね。

 

スポンサーリンク

今週のチャート分析

次に今週のドル円のチャート検証です。

 

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

 

先週までの流れとしては、111円から高安をじわじわ切り下げてきている展開でしたが、106.00で反発し戻り高値107.50を上抜ける強い陽線が出た後、その高値も更新し抵抗帯上限の108.00に到達しました。

これにより、短期の押し目買い勢によるブル派が勢いを増したと見ることができますが、108.00をしっかり越えない限りは売り手もまだ諦めないだろうと考えられます。

よって今週は、この108.00付近でのプライスアクション、そして短期押し目買い勢の気配に注目したい1週間でした。

 




 

(ドル円4時間足)

108.00で一旦売りが入り、先週足の半値まで押してきたところから今週のスタートです。

 

(ドル円30分足)

優位性のあるエントリーポイント

  1. 小さなWトップを形成し、水色切り上げラインを下抜いたところでショート➡︎前回安値手前まで
  2. 長い下ヒゲの出現で底硬さを確認し、黄色切り下げライン上抜けでロング➡︎前回高値手前まで
  3. 赤色ラインで示したように高値を切り下げてきているため売りの圧力を確認し、直近安値を下抜いたところでショート➡︎前回安値手前まで
  4. レンジ下限を下抜いたところでショート➡︎先週安値手前まで

 

スポンサーリンク

今週の振り返り

今週は今月のトレードルールに反したことをいっぱいやってしまいました。。。

後日よく内容を振り返って来月の計画に生かしたいと思います。

何はともあれ今月はプラスで終えられて良かったです。

 

スポンサーリンク

来週の主な予定

 

日付指標・イベント等
1日(月)
  • 米ISM製造業景況指数(5月)
2日(火)
  • 特になし
3日(水)
  • 米ADP雇用者数(5月)
  • 米ISM非製造業景況指数(5月)
4日(木)
  • ECB政策金利、ラガルドECB総裁 記者会見
5日(金)
  • 米雇用統計(5月)

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 PVアクセスランキング にほんブログ村

週間結果
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント