【月間結果】2020年5月 +53pips[+5,975円]

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

 

今日で5月が終わりですね。

今年の3月、自分のトレードに手応えを感じるきっかけがあり、それ以降は取引ルールを守って機械的にトレードを行うことでその優位性の高いトレードに再現性を見いだせるかという部分に焦点を当てて取り組んできました。

4月の結果としては、負けはしたものの、自分の手法に「これはいけそうだ」と可能性を感じました。

それを受けてのこの5月、結果はどうだったのでしょうか。

早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

5月のトレード成績

5月のトレード成績は以下の通りです。

 

5月のトレード成績まとめ
  • 損益:+5,975円(458,452円 ➡︎ 464,427円)
  • 月利:+1.28%
  • 勝率:25%(12戦3勝3敗6分)

 

5月はドル円を9回(2勝2敗5分)、ユーロ円を3回(1勝1敗1分)トレードし、トータルでの結果は+5,975円(+53pips)でした。

 

【トレード結果】5/1 −5pips[−1,563円]
4月安値を下抜き下落モメンタムが発生したと判断した後。 エントリーからエグジットまでの詳細 それまで持っていたショートが月末ロンフィクの上昇で切られ、3万円の含...
【トレード結果】5/7 ±0pips[−63円]
11円台から徐々に高値を切り下げ、サポートとなっていた4月頭安値106.90も先週には割って下向きの流れが強まっている場面。 105.50までの大きな下落の波に乗ることを狙って売りを考え...
【トレード結果】5/8 ±0pips[−111円]
111円台から高値を切り下げて下落してきている展開。 4月頭安値106.90を割るも予想に反して強い売りは起こらず、ゆっくりなペースで下落していきそして106.00で一旦反発している場面...
【トレード結果】5/14 −15pips[−4,500円]
紫色の切り下げラインに沿って下落してきている中、105.98を底とした上昇波がそれを上抜ける形を確認。 併せて、111円からの下降波の戻り高値107.50も上抜いたので買い目線に変更し、...
【トレード結果】5/15 +26pips[+7,635円]
紫色の切り下げラインに沿って下落してきている中、105.98を底とした上昇波がそれを上抜ける形を確認。 併せて、111円からの下降波の戻り高値107.50も上抜いたので買い目線に変更し、...
【トレード結果】5/19 −15pips[−4,500円]
紫色切り下げラインを上抜け、日足21SMA近辺で上下している展開。 短期では買いがやや優勢と見れるも、中長期では売り手もまだ控えていると考える。 パターン形成(ブレイクアウト狙い)...
【トレード結果】5/20 +27pips[+8,280円]
先週からの上昇を引き継ぎ、押し目をつけて108円をタッチする上昇波が発生。 しかし売りの抵抗に阻まれ一旦売りに押されている場面。 高値を切り下げて三角保ち合いの様相を呈する。 ...
【トレード結果】5/22 −5pips[−1,380円]
106円からの反転上昇の流れは、108円に到達したことで一旦達成感の漂う場面。 同時に黄色ラインで示したように三角を形成。 下に抜ければある程度は走ると見て売りの機会を伺う。 ...
【トレード結果】5/28 +3pips[+238円]
人生初のユーロ円取引。 週足では高安の切り下げで完全なる下落トレンド。 下位時間軸を見てみると、転換線の基準線上抜き、遅行線のローソク上抜け...
【トレード結果】5/29 +61pips[+6,035円]
戻り高値である117.75を上にブレイクし、さらにその上昇でつけた高値も更新したので買い優勢の地合いと見てロングを狙う。 エントリーからエグジットまでの詳細 先...
【トレード結果】5/29 −19pips[−4,076円]
戻り高値である117.75を上にブレイクし、さらにその上昇でつけた高値も更新したので買い優勢の地合いと見てロングを狙う。 エントリーからエグジットまでの詳細 ...
【トレード結果】5/29 ±0pips[−20円]
107.35〜107.90の間でレンジを形成している展開。 どちらかに抜けたらある程度走りそうだなと見てその機会を伺う。 エントリーからエグジットまでの詳細...

 

収支の結果としては、5月は+5,975円のプラスで終えることができました。

トレードの内容については以下で振り返ろうと思います。

 

スポンサーリンク

5月の振り返り

5月は以下の計画のもと、トレードにあたりました。

 

5月のトレード計画
  • 短期足が勢いづいたタイミング(チャートパターンの完成)でエントリー
  • リスク(つまり損切り15pips)に対して3倍のリワード(つまり利益45pips)を見込めるポイントでエントリー
  • 決済は+45pips、損切りは−15pipsで自動で行う
  • ポジションは2日以上持ち越さない(狙う波は1日程度のものなので)

今月は以上のルールに沿ってトレードを行う計画でしたが、いくつかルールを破ってしまいました。

「チャートパターン完成からのエントリー」はだいたい守れましたが、「利確と損切り」はその時の相場の状況によって任意で変えることが多かったです。

というのも、リスク(ロスカットライン15pips)に対して3倍のリワード(利確目標45pips)を見込める場面というのはなかなか少ない上に、利確目標に到達するまでに反転してしまい流れが変わるケースが多くあり、急遽決済のタイミングを変えざるを得なければいけなくなったことが理由にあります。

そもそも、チャートパターン形成からの抜けの一波の初動を狙うのなら、30pipsも取れれば十分ではないかと思い始めました。

チャートパターン形成からうまくローソクが抜けても、多くの場合はプルバックが入ります。

一波目で40~50pips動けばいいのですが、ポンド系などと比べるとドル円はそこまで動きません。

 

抜けの一波の初動を高確率で捉えることができるのなら、30pisp程度で利確して逃げておいた方が利益として残りやすいのではないかという仮説に至りました。

この仮説を6月のトレード計画に落とし込もうと思います。

 




 

そして次にトレードする通貨ペアについてです。

5月はFX人生で初めてユーロ円をトレードしました。

ドル円がレンジを形成したために、ふとユーロドルとユーロ円のチャートに目を向けてみたらかなりいい形ができてきていたのが理由です。

トレード結果こそ微妙なものでしたが、「チャートパターン形成からのエントリー」という僕の手法は、ユーロドルやユーロ円でも通用しそうだなと思いました。

だとすれば、一方の通貨ペアの値動きが鈍く、他方の通貨ペアがいい形をしていた場合はより多くのチャンスを狙える可能性があります。

というわけで、トレード通貨ペアを増やすことも検討してみようと思います。

 

スポンサーリンク

6月の計画

さて、5月を振り返った上で6月は以下のルールでトレードにあたりたいと思います。

 

6月のトレード計画
  • 短期足が勢いづいたタイミング(チャートパターンの完成)でエントリー
  • 狙う波は、抜けの初動一波
  • リスク(損切り15pips)に対して2倍程度のリワード(利益30pips)を見込めるポイントでエントリー
  • 基本的に決済は+30pips、損切りは−15pipsで自動で行う
  • 決済目安+30pipsに届く前に明確なレジサポ(短期長期関わらず)があれば、その手前で決済

これで1ヶ月やっていこうと思います。

 

チャンスがあればユーロドルやユーロ円でも狙っていこうと思いますが、基本的には今まで通りドル円をメインに監視する方針です。

監視通貨ペアを増やしてその時間や負担をあまり増やしたくないので、あくまでドル円がレンジに入ったり難しい形になった場合にユーロ系がいい形をしていたらエントリーを検討するという感じにします。

 

ではまた1ヶ月後をお楽しみに。

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ

月間結果
スポンサーリンク
おっちょFXブログ

コメント