ドル円膠着

現在のポジション
なし
5月の累計損益
±0円

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

ドル円は4月陰線の61.8%ラインまで戻ったあと、109.30付近で膠着している状態が続いています。

(ドル円4時間足)

4時間足レベルでは今まさに戻り目ポイントで反落しそうに見えますが、なかなか落ちてきません。

というのも、日足レベルでは年明けからの上昇波が4/23に38.2%ラインで反発しているため、上昇波の押し目買いとしてその時間軸で買っている勢力がいるからだと推測します。

膠着しているのはそういう理由だと思うので、今は様子見が賢明かなと。

今後の展望については、109.50を超えてきたら買い優勢、108.50が割れたら売り優勢と考えています。

いずれにしろ、ドル円はもう少し静観します。

 




 

続いてユーロドルです。

(ユーロドル4時間足)

昨年末に週足レベルでの高値切り下げライン(ピンク)をしっかりと上に抜いているので、長期目線が上なのは変わらずです。

その切り上げラインをブレイクした後は1.2350で上げ止まり、1.17まで下落しました。

この時は深く押しましたが、1.17からの反発が強く見事にV字反転しています。

そして、1.17からの上昇波の38.2%ラインで今押し目買いが入るかどうかという場面です。

テクニカル的には今は絶好の押し目買いポイントなので、ここから先は買いを狙いたいと思います。

現時点では微妙に38.2%ラインには届いていないものの、その手前で反転する兆候が現在見えていますが、もう少し下に引きつけようと思います。

具体的には、1.1980。

ここまで下がってきたら買いを入れてみます。

 




 

そして豪ドルドル。

(豪ドルドル4時間足)

豪ドルドルはなかなかカオスな値動きで方向感がはっきりしません。

三尊右肩で売られたので高値更新期待が薄れていましたが、猛烈に反発し戻ってきています。

とはいえまだ方向感がついたわけではないのですぐにはトレードできる状態ではありませんが、方向感がはっきりしてしまえば大きく動きそうなのでそのチャンスを狙って監視を続けようと思います。

 

それでは今回はこの辺で👋

コメント