【週間結果】2020.06.15-06.19 −30pips[−9,308円]

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

今日は「天赦日」と「一粒万倍日」が重なるハイパー縁起のいい日だそうです。

新しいことを始めるのにぴったりな「天赦日」と、この日始めたことが何倍にも実る「一粒万倍日」。

ちなみに僕はこの日に新しい財布を買うと良いという情報を目にし、前回の「一粒万倍日」と「天赦日」が重なった日(1月だったかな?)に近くのデパートに行き新しい財布を買ってきましたが、未だに効果は現れていない模様です(笑)

でも何かやりたいことがある人はぜひ今日から何かやってみてはいかがでしょうか?

 

さて、それでは今週も終わりましたので1週間の振り返りをしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

今週のトレード結果

今週のトレード結果です。

15日(月)0円(0pips)
16日(火)−4,500円(−15pips)
17日(水)0円(0pips)
18日(木)0円(0pips)
19日(金)−4,808円(−15pips
合計−9,308円( −30pips

 

今週は2戦2敗(計−30pips)で−9,308円という結果でした。

 

今週はしっかりパターン形成からの抜けを狙ってエントリーしましたが、上手くいきませんでした。

トレードの内容自体は悪くなかったかなと思いますが、今週の結果をもって月トータルの損益がマイナスに転じたのでこれによる気持ちの焦りが少し出てきてます。

一回の勝ちで取り返せるレベルではあるのですが、トレード手法がまだ確立できていないことなどもあってちょっとメンタルに来ちゃってる感じですね。

まぁこの週末しっかりと休んで来週はまた新たな気持ちで臨もうと思います。

 

スポンサーリンク

今週のチャート分析

次に今週のドル円のチャート検証です。

 

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

先週までの流れとしては、106.0からの反発が戻り高値を越えたことで一旦底を打ったと見れる形となり、その後は中長期戻り売りの抵抗を受けてしばらくレンジを形成しましたが、拮抗の末それを上にブレイクして4月高値109.38まで上昇する展開となりました。

この動きにより上昇基調が強まったと判断しましたが、一転してレンジ下限をも下割る強い下落が起こりました。

今週はその先週陰線の反発と、それを受けての戻り売りがあると予想し戦略を考えていければ良かったかなという1週間でした。

 




 

(ドル円4時間足)

5月頭にできたWボトムのネックラインで反発し、レンジ下限で戻ってきたところから今週のスタートです。

 

(ドル円1時間足)

優位性のあるエントリーポイント

なし

 

スポンサーリンク

今週の振り返り

今週のドル円は値動きに活きがありませんでしたね。

ユーロや豪ドルはそれなりに良い動きをしていたのでこちらを監視していましたが、トレードは上手くいかず。。。

来週こそは良い結果を出して早く6月の勝ちの貯金を作っておきたいです。

 

スポンサーリンク

来週の主な予定

 

日付指標・イベント等
22日(月)
  • 特になし
23日(火)
  • ドイツ製造業PMI 速報値(6月)
    ユーロ圏製造業PMI 速報値(6月)
24日(水)
  • IMF経済見通し公表
25日(木)
  • 米GDP 確報値(第1四半期)
26日(金)
  • 特になし

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 PVアクセスランキング にほんブログ村

週間結果
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント