【週間結果】2020.09.14-09.18 -37pips[-27円]

現在のポジション
なし
9月の累計損益
+10,483円

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

菅新内閣が発足しましたね。

早速、デジタル庁の新設・携帯電話料金の引き下げなど、ガンガン動いています。

 

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

 

菅内閣、期待できそう・・・

 

さて、それでは例によって今週1週間の振り返りをしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

今週のトレード結果

今週のトレード結果です。

14日(月)0円(0pips)
15日(火)+6,219円(+23pips)
16日(水)0円(0pips)
17日(木)-4,716円(-45pips)
18日(金)-1,530円(-15pips)
合計-27円(-37pips

 

今週は4戦1勝3敗(計 -37pips)で-27円という結果でした。

 

 

ブレイクアウトを狙う以上、騙しで狩られることは避けられないのですが、いかにその数を減らせるか。

これにフォーカスを当ててまた来週取り組んでいこうと思います。

 

スポンサーリンク

今週のドル円チャート検証

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

週足サポートで反発後、レンジ相場が続いていました。

三角保ち合いを形成し、徐々に値幅を狭ていることが大きく動き出す気配を感じさせます。

ということで今週は、この三角保ち合いに注目し、その抜けの動きを捉えられる準備ができていれば良かったかなという一週間でした。

 




 

(ドル円4時間足)

三角保ち合いの先端に向かって徐々に値幅を狭めてきたところから今週のスタートです。

 

(ドル円1時間足)

優位性のあるエントリーポイント

  1. 先週安値をブレイクし、戻ってきたところでショート➡︎水色ラインの安値まで
  2. 水色ラインの安値からの買いが崩れたところでショート➡︎7月安値付近の揉み合いエリアまで
  3. 戻ってきたところからショート➡︎週足サポート104.50まで

 

スポンサーリンク

今週の振り返り

ドル円、やはり注目していた三角保ち合いを抜けてからは走りましたね。

やっぱり下りは早い。

ユーロ円もサポートを抜けてからが早かったです。

こうなるとわかっていても、準備不足ならもちろんその時には動けないし、かといって慎重になりすぎてビビっていてもダメ。

準備を十分にした上で、いざその時に計画通りに実行できる行動力が大事。

相場観も大事ですが、それ以上に行動力。

これをわからせてくれる今週でした。

 

スポンサーリンク

来週の主な予定

日付指標・イベント等
21日(月)
  • 敬老の日で東京市場は休場
22日(火)
  • 秋分の日で東京市場は休場
23日(水)
  • ドイツ製造業PMI速報値(9月)
  • ユーロ圏製造業PMI速報値(9月)
24日(木)
  • EU臨時首脳会議(25日まで)
25日(金)
  • 特になし

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 PVアクセスランキング にほんブログ村

週間結果
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント