2019年12月第1週の相場見通し

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

さて始まりましたね12月。

FOMCにクリスマス、そして年末ということでイベント盛りだくさんの月になりますが、今年一年をいい形で締めくくれるよう気を引き締めて臨みたいと思います。

 

では今週のシナリオを考えていこうと思います。

 

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでの流れの確認です。

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

フラッシュクラッシュ安値から反発したあとチャネルに沿って高安を切り上げる展開が続いていましたが、先々週にチャネルを下抜けこれまで続いてきたトレンドが転換するかのように思える形を形成。

日足200SMAでのレジストや日足21SMAの下抜けなど、売り手に有利な条件が揃った感じでしたが、押し安値ネックライン108.20から買われるとそのまま上昇し続け、ついに先週レジスタンスだった109.50を抜けて高値を更新し109.70をつけました。

 

そして先週末に立てた値動き予想ゾーンでいうと、マゼンタゾーンに入りました。

109.50は売りオーダーが厚く、上値は重い判断していただけにこの動きは予想できませんでした。

 

スポンサーリンク

週明けの方針

(ドル円日足)

現在の状況としては、

  • 日足200SMA、日足21SMAを上に抜き返し
  • 転換線、基準線を上抜け

なので、買い優勢の流れがきていると考えられます。

とはいえもうすでに週足の雲下限にさしかかっており、110円というラウンドナンバー目前でもあるので売りの気配も考慮しなければなりません。

というわけで今週の方針としては、長期レベルでの売り勢力に気を払いつつ押し目買い戦略を基本とします。

 

そして例によって週明け相場が動きうるゾーンを3つに分けてみました。

上段のマゼンタゾーンは、これまでの上昇の流れが継続し、心理的節目でもある110.00の売りオーダーをこなして上抜けるシナリオ。その場合の上値予想は110.60。

中段の黄色ゾーンは、高値109.50を抜けてさらに買い目線が優勢になったが、110円の売りに押され上昇の勢いが失速し、110円からの売りと下からの押し目買いによる揉み合い形成シナリオ。この場合のレンジ予想は109.30〜109.90。

下段の緑色ゾーンは、109.30からの押し目買いが失敗しもう一段下げるシナリオ。この場合の下限予想は先週安値の108.60付近。

 

今週はどのパターンになることも考えられます。

とりあえず現時点の見通しとしては、長期の売りが入ってきそうな109.90までは上がると見て押し目を買っていきます。




(ドル円4時間足)

エントリー候補・109.30買い

まずはここまでの押しを待ちます。

今夜0:00に米IS指数の発表があるのでそれには注意ですかね。

 

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント