2020年3月第1週のドル円見通し

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

3月に入りました。

もうすぐで新年度ですが、多くのところで休校やリモートワークとなっている今、果たして無事に4月を迎えることができるでしょうか。

 

さて、それでは遅くなりましたが今週のドル円の見通しを立てていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでの流れの確認です。

 

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

110.20のレジスタンスを抜け112円まで急騰するも、昨年4月高値112.40が意識されそこで頭打ちとなり一旦調整に入るような動きになるかと思われましたが、陽線の押し目が次々と崩れて1月安値まで下落しました。

107.50まで安値を更新したあと日足200SMAまで戻して先週がクローズとなりました。

 

先週末に想定した値動きゾーンを振り返ってみると、少なくとも110.20は割れないだろうという思惑が外れて先週も想定外の値動きになりました。

 

スポンサーリンク

週明けの方針

次に今週のドル円の見通しです。

 

(ドル円4時間足)

 

まず、ブル派とベア派それぞれの視点を以下の通りと推測します。

 

🐮ブル派上目線の根拠としては、1月安値107.50付近のサポート反発。昨年8月を起点にした上昇トレンドベースではその押し安値108.30を割っているので、買うにしても短期目線の方がいいかもしれない。とりあえずはここから先週陰線のプルバックを狙うイメージ。ターゲットは108.30付近。日足200SMAから戻り売りが入ることを想定。もしこのラインを上抜けることがあれば、112円からの下降波の半値付近109.70まで意識されそうなレジスタンスがないのでそこまで狙えるか。

 

🐻ベア派下目線の根拠としては、昨年8月からの上昇トレンドの押し安値108.30割れ。112円からの下落の強さから売り優勢と見て、先週陰線の戻り売り戦略が良さそう。第1戻り目候補としては108.30付近。日足200SMAまでのプルバックを待ってそこから安値を狙うイメージ。このラインを上抜けたら次は109.70まで意識されそうなレジスタンスはないので109.70付近まで来たらそこから売り。先週安値を下抜けたら106.60まで落ちそうなので先週安値割れで売り。





そして想定値動きは以下の通りです。

値動き想定ゾーン
  • 中段黄色ゾーンは、先週安値からの買いと日足200SMAからの戻り売りに挟まれる展開。想定値幅は107.36〜108.30。
  • 上段マゼンタゾーンは、日足200SMAを上抜けもう一段上に行く展開。想定値幅は108.30〜109.70。
  • 下段緑色ゾーンは、先週安値が割れてさらに下落する展開。想定値幅は106.60〜107.36。





急な値動きのあとはそれと同じくらいの勢いで戻す動きになりやすい

という相場のあるあるは、先々週〜先週のチャートがいい例です。

目線としては戻り売りでいこうと思いますが、今日は月曜日ということと、やはり先週の落ち方が急すぎるので今日は様子見しようと思います。

今夜のNYでの値動きを見て、明日以降の戦略を立てます。

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント