【週間結果】2019.09.30-10.4

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

10月になりましたね。

今年もあと3ヶ月を切ったわけですが、来年はいよいよ東京オリンピックが開催されます。

オリンピックに限らず世界陸上やそのほかのスポーツでもそうなのでですが、選手が活躍している姿を見るとなんか自分も頑張ろうという気になるんですよね。

モチベーションが上がるというか奮い立たされるというか。

純粋に日本の活躍を見たいという部分と、モチベーションを高めてくれる部分で楽しみにしています。

まぁ今部屋にテレビないんですけどね(笑)

YouTubeで観ようかな。

 

さて、今週も終わりましたのでこの一週間の振り返りをしていこうと思います。




 

今週のトレード結果

今週のトレード結果です。

30日・・・0

1日・・・0

2日・・・0

3日・・・+420

4日・・・0

 

合計・・・+420

 

今週は1戦1勝(+2pips)でした。

1勝と言っても建値撤退なので引き分けといった感じですが、トレンドが出ていない中でムキにならず待ちの姿勢で冷静に居られたのは良かったかなと思います。

今週はトレンドレス相場で方向感に欠け、やりにくい一週間でした。

ここぞというときは攻めの姿勢でリスクを取りに行き、トレードに優位性がない場合は黙って見送るというこの2つをしっかり守ってまた来週に臨みたいと思います。




 

今週のチャート分析

次に今週のチャート検証です。

 

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

これまでの流れとしては、フラッシュクラッシュ安値で反発したのち108.50まで上昇➡︎107.00で押し目買いされ高値を目指しに行く流れができているかなという感じ。

三役好転中で買い優勢のモメンタムが発生しているように見えますが、200EMAが降りてきているのと週足レベルでの売り手が控えていそうなレベルであることも考慮し、上目線のバイアスをかけすぎず売りの準備も同時にできていれば良かったかなという一週間でした。

 

(ドル円4時間足)

107.00で押し目をつけ、高値108.50を目指し上昇してきてる場面から今週のスタートです。

 

(ドル円30分足)

  1. オレンジ色の切り上げラインを下抜けたことで高値更新失敗と判断し、そこからショート(黄色ラインN値まで)

 




今週の振り返り

今週はISM指数に続き、雇用統計と重要指標が多くありましたが、それらの発表を受け久しぶりに大きく動いたなという印象です。

これは昨今の市場が米経済の動向に強く注目しているということでしょうか。

今月末のFOMCでの利下げ確率が一時92.5%にまで上昇したそうですが、引き続きアメリカの経済については注目しておいた方が良さそうですね。

 

来週の予定

8日(火)

  • パウエルFRB議長、講演

9日(水)

  • FOMC議事録(9月17-18日開催分)

10日(木)

  • 米消費者物価指数(9月)
  • 米中閣僚級貿易協議(11日まで)

 

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

週間結果FX収支
スポンサーリンク
おっちょをフォローする
フリーターが副業FXで経済的自由を目指す

コメント