【週間結果】2019.12.16-12.20

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

12月も残りあと10日。

ここまでくるとやっと新年に向けたカウントダウンを意識します。

以前やっていたブログでも書きましたが、来年2020年は、今から3年前に手相占いで人生のターニングポイントになると言われた年なんですよね。

自分では今年会社を辞めて新たな生き方を始めたことがこの先の将来から見て人生の転機になるだろうなと思っていますが、どうなんでしょうかね。

今年全体の振り返りと来年の抱負についてはまた後日ブログで書こうかなと思います。

 

それでは今週も終わりましたので、一週間の振り返りをやっていこうと思います。

 

スポンサーリンク

今週のトレード結果

今週のトレード結果です。

16日0円(0pips)
17日0円(0pips)
18日0円(0pips)
19日+4,095円(+12pips)
20日0円(0pips)
合計+4,095円(+12pips)

 

今週は1戦1勝(+12pips)で+4,095円という結果でした。

 

エントリーは上手くいき、チャートも途中まで予想した通りに動いてくれましたが、そのあと反転してしまい利を伸ばすことができませんでした。

とはいえチャートの形から買い手と売り手の心理状態を考えて微益で逃げられたことは良かったかなと。

できれば買い目線から売り目線にすぐ切り替えてショートを打てれば良かったんですが、仕事の合間にチャートを見て思っただけなのでそこまではできませんでした。

まぁ、何はともあれプラスで終えられて良かったです。

 

スポンサーリンク

今週のチャート分析

次に今週のチャート分析です。

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

先週までの流れとしては、109.70から大きな下落を受けたあと108.40の最終押し安値でなんとか支えられ、そこから急上昇で再度高値109.70を試すような展開となりました。

日足200SMAと日足21SMAを上下に行ったり来たりで方向感を失いつつある状況の中、上値は重いものの、押し安値を割るまでは上目線という向きも多いことが推測できるため、レンジ相場に移行する可能性を考慮しつつ押し目買いで見ていければ良かったかなという一週間でした。

 

 

(ドル円4時間足)

109.70からの急落の戻り高値、108.40からの急騰のフィボ38.2%の位置から買いが入ったところから今週のスタートです。

 

 

(ドル円30分足)

エントリーすべきだったポイント

  1. 12月頭のWトップネックラインをサポートにロング(高値更新失敗を上ヒゲで確認しエグジット)
  2. 切り上げライン抜けでショート(直近安値まで)

 

スポンサーリンク

今週の振り返り

今週は終わってみればレンジ相場でしたね。

109.70の高値は結局今週も突破できず、かと言って安値を試すかというとそうでもなく。

この膠着具合はクリスマス前だからということでしょうかね。

それでもチャートはラインが意識されて動いているので、今週は根拠に基づいてトレードできたように思いますが、いよいよ来週は市場も休場となる日が出てきたりと本格的に市場参加者が減ってくるため、無理なトレードは禁物。

やるのであれば週明け月曜と火曜ぐらいかな?

それ以降はトレードは控えようと思います。

 

スポンサーリンク

来週の主な予定

23日(月)

  • 日中首脳会談

24日(火)

  • 日銀議事録(10月30-31日開催分)
  • クリスマスイヴのため欧州・米国市場は短縮取引

25日(水)

  • クリスマスのため 英国・欧州・米国市場は休場

26日(木)

  • 黒田日銀総裁、講演
  • ボクシングデーのため 英国・欧州市場は休場

 

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

週間結果
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント