【週間結果】2020.08.10-08.14 +23pips[−938円]

現在のポジションなし

8月の累計損益
-15,100円

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

先日ようやくオリックス株主優待カタログギフトが届きましたー。

注文した品は防災バッグです。

値段的にちゃっちいかなと思っていましたが、全然そんなことありませんでしたね。

「非常用」なので簡易的なものではありますが、それでも結構しっかりいるし中身も充実していました。

これは大満足です。

これにあとはクローゼットに封印していたアベノマスクを詰め込めばバッチリだ(笑)

 

さて、それでは今週も1週間の振り返りをしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

今週のトレード結果

今週のトレード結果です。

 

10日(月)0円(0pips)
11日(火)0円(0pips)
12日(水)−4,804円(−15pips)
13日(木)0円(0pips)
14日(金)+3,866円(+38pips)
合計−938円(+23pips

今週は2戦1勝1敗(計 +23pips)で−938円という結果でした。

 

やはり負けトレードからは学ぶことが多い。

如何に同じ負け方を避けれるか。

これが大事ですね。

ちなみに獲得pipsがプラスだけど損益がマイナスになっているのは、それぞれ張った枚数が違うからですね。

 

スポンサーリンク

今週のチャート検証

次に今週のチャート検証です。

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

週足は三角保ち合いを形成しつつある状態です。

先々週、その三角保ち合い下限サポートまで下落したあと、そこから急反発しました。

反発後に陰線の戻り売りを受けて先週がクローズとなりましたが、今週はその戻り売りvs週足サポートからの買いという構図になる予想のもと、戦略を立てていければ良かったかなという1週間でした。

 




 

(ドル円4時間足)

レンジをブレイクした下降波が反発を受けて、そのレンジ下限から今度は戻り売りを受け、そして反発陽線の押し目買いが入ったところから今週のスタートです。

 

(ドル円1時間足)

優位性のあるエントリーポイント

  1. ピンク色の丸は戻り売りが撤退を考えるところなので、その部分の直近高値抜けでロング➡︎レンジ下限106.60付近まで
  2. 先週高値をブレイクしたので上目線継続、押してきたところでロング➡︎直近高値まで

 

スポンサーリンク

今週の振り返り

トレンドは、それに逆らうのではなく、ついていくことが大事。

特に中長期トレードでは極めて重要です。

教科書に書いてあるような基本的なことですが、その基本こそが最重要なんですよね。

今週のユーロドルとユーロ円の動きでそれをまた再認識しました。

来週のトレードはそれを改めて意識して臨みたいと思います。

 

スポンサーリンク

来週の主な予定

 

日付指標・イベント等
17日(月)
  • 日本GDP速報値(第2四半期)
  • 米民主党全国大会(ウィスコンシン州、20日まで)
18日(火)
  • 特になし
19日(水)
  • 米FOMC議事録(7月28-29日開催分)
20日(木)
  • 特になし
21日(金)
  • ドイツ製造業PMI速報値(8月)
  • ユーロ圏製造業PMI速報値(8月)
  • 米製造業PMI速報値(8月)

 

それでは今回はこの辺で👋

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ

週間結果
スポンサーリンク
おっちょFXブログ

コメント