2019年12月第5週の相場見通し

現在のポジション・なし

どうも、おっちょ(@occho_fxtrader)です。

 

今年も残すところあと二日。

年の瀬です。

しかし未だに年末感を感じないのはテレビを観ないからでしょうか?(笑)

子供の頃なんかも年末が近づくとそわそわしていた記憶がありますが、今はそんなこと全くありません( ̄▽ ̄)

そう思うと少し寂しい気もしますが、まぁどうでもいいですね。(笑)

 

さて、それでは今週のドル円の見通しを立てていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

これまでの流れ

まずはこれまでの流れの確認です。

(ドル円週足)

 

(ドル円日足)

先週までの動きとしては、フラッシュクラッシュ安値からの上昇波が109.70で一旦深く売られたあと、最終押し安値108.40から再び高値を目指す流れでしたが、109.70の壁は超えられず、上昇波の押し目買い勢と109.70からの戻り売りに挟まれレンジを形成する展開となりました。

値幅が非常に小さなゾーンの中で行ったり来たり繰り返し、現状としては方向感を失ったイメージで見ています。

先週の結果としては、黄色中段ゾーンの中でレンジを形成する形となりました。

 

スポンサーリンク

週明けの方針

さて、それでは今週の方針です。

 

(ドル円4時間足)

 

まずはブル派とベア派それぞれの視点を以下の通りと推測します。

🐮ブル派

  • 押し安値108.40を割っていない以上、ダウ理論に照らして上昇トレンド継続中と判断
  • 日足200SMA、日足21SMAの上に位置している(日足21SMAは上向き)
  • 押し目買いポイントは、①先週安値109.25、②直近安値109.17。いずれも日足21SMAのサポートが期待できる
  • 高値109.70を越えてきたら110円ミドルまで目指すか?

 

🐻ベア派

  • 2019年2月〜3月で形成したWトップのネックラインをレジスタンスと見た長期足での売り目線。
  • 転換線の下抜け。
  • 109.70を高値にした上値の重さから、これまでの上昇トレンドが転換すると見た戻り売り。
  • 戻り売り第一目標は108.40。
  • 109.70を上抜けたら売りは様子見。

だいたいこんな感じかなと予想します。

そして想定値動きとしては以下の通りです。

想定値動き
  • 中段黄色ゾーンは、戻り売りと押し目買いの決着がつかず、先週のレンジを突破できないまま109.20~109.70の間でレンジを形成するシナリオ。
  • 上段マゼンタゾーンは、109.70のレジスタンスをブレイクするシナリオ。上値目処は110.00、若しくは110.60。
  • 下段緑色ゾーンは、先週レンジを下割り安値を試すシナリオ。下値目処はミニネックラインの108.80、若しくは108.50。

 

先週、先々週とレンジが続いていましたが、年末年始で流動性が薄くなっていることも手伝い大きく動き出す可能性があります。

今年年始にあったフラッシュクラッシュのようなことがまた起こることも考えられるので、その辺をしっかり考慮していく必要があります。

 

と、ここまで書いているうちにドル円が動いてきました。

通貨強弱を見るとドル売りのようですね。

ちょっと売り優勢かな?




 

(ドル円1時間足)

エントリー候補・様子見

とりあえず年末年始ということでエントリーは控えようと思います。

本格的なトレード再開は再来週からかな?

 

それでは今回はこの辺で^^

ブログランキングに参加中です 
応援クリックをお願い致します!

 にほんブログ村 為替ブログへ  にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

トレード方針
スポンサーリンク
フリーターが副業FXで経済的自由を目指すブログ

コメント